FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球スピリッツ

島袋さん、金城さん、そして娘さんのお宅で泊めて下さいました。前の晩はバーベキューを御馳走になりながら、いろんな話をしました。金城さんの研究対象である琉球の詩人、清田政信さんが、私の母校である那覇中学の国語の先生であったことも何かの縁だと思います。お宅の近くに米軍基地があり、時々、米軍機が近くを飛行し騒音がうるさいため、米軍基地に島袋さんが抗議したら「米軍は国民の安全保障のために活動しているのだから、感謝しなさい」と言われたそうです。米軍は琉球だけでなく、本国でも傲慢で野蛮だと思いました。名前に琉球の「琉」の文字を持つお二人の娘さん達からも歓待してもらいました。心よりお礼申し上げます。
北米沖縄県人会で作成されたとてもクールなTシャツを買わせて頂きました。在米琉球人の琉球に対する熱い思いが伝わりました。その他にも、多くの琉球人の名前がローマ字で書かれたTシャツも買いました。本も6、7冊買いましたが、その中には2年前にシカゴで会ったキナさんがLAで行った展示会のカタログもあります。在米琉球人の強いつながりを感じました。
キナさんの絵が収められたカタログです。キナさんは大学の教授であるとともに、精力的に琉球をテーマとした絵を描いています。その絵にはディアスポラとしての琉球人が琉球をどのように感じ、考えているのかが分かります。

私達がLAXに到着した時、わざわざ会いにきて下さったお二人の琉球人です。右側の神谷さんの祖父母は県人会事務所の図書館を開設するなど、県人会活動に貢献され、神谷さんも県人会のお仕事をしています。また三線の修理方法を学ぶために琉球で滞在したこともあり、近い将来も琉球で学ぶことを希望しています。左側の方は近々琉球に行く予定ですので、島のどこかでお会いするかもしれません。お二人とも同じ琉球人として相通じるものを感じました。

スポンサーサイト

<< 琉球人アイデンティティ | ホーム | 琉球人の正義回復運動 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP