FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『琉球独立論 琉球民族のマニフェスト』

松島泰勝「琉球独立論 琉球民族のマニフェスト」
<< 作成日時 : 2015/10/15 13:12 >>

琉球は15世紀前半に統一王国となり、14世紀から1866年まで冊封体制が続いた。1852年ペリーは琉球に上陸し翌年琉球王国とも修好条約を締結、独立した国だった。

薩摩藩の支配の後、1872年から日本政府は琉球併合を始めた。1914年当時の知事が「琉球人に高等教育はいらない」と発言するような植民地経営だった。沖縄の地方的特色も薄められ、「同化」政策が進む。そして、沖縄戦。 信託統治にしなかった米国高等弁務官による過酷な支配、ポツダム宣言違反となる日本への返還、米軍の駐留は米国と日本双方の思惑で固定化、本土から基地移転など集中が進む・・・

筆者の松島氏は、独立しない限り基地はなくならないと主張、さらに基地があるためのリスクは安倍政権になってより高まっている、もう他国の戦争のために琉球人の命は捨てられないと、日米の植民地としての琉球を脱して独立する運動を続けている。もちろん独立までの道筋は容易ではないが、決して暴論ではないし、現実的に可能であると訴える。

基地がないと経済が成り立たないという話は幻想で、いまは基地による収入は5%を切っているし、補助金だって、沖縄県は決して突出しているわけではない。補助金はひも付きで決して沖縄の経済に貢献していない。
また、独立したら中国が侵略してくるという反論には、「ひとつだけはっきりしていることがあります。すなわち、中国の侵略は現時点で仮説に過ぎませんが、現在ただいま琉球は日米両国の植民地下にあるということです」と答える。

沖縄に対する日米政権の恫喝が強まるなか、静かに独立論は高まっているようだ。わたしは勿論賛成。琉球のためではなく、日本のためにその方がよい。 

松島泰勝「琉球独立論 琉球民族のマニフェスト」(光邦2014.7.20)
第一部 琉球小史
第一章 琉球王国の成り立ち
第二章 植民地となった近代琉球
第三章 戦時下の琉球と米軍統治時代
第四章 「復帰」という名の琉球再併合
第二部 なぜいま独立なのか
第五章 植民地の実態
第六章 琉球のナショナリズム
第七章 琉球独立論の系譜
第八章 琉球独立論は暴論か
第三部 琉球独立への道
第九章 骨くされ根性の克服
第十章 日本および国際社会への訴求
第十一章 多角的な国際関係構築による安全保障
第十二章 琉球の未来
スポンサーサイト

<< 京都市立芸術大学移転を機に “マイノリティ・まちづくり・民主と人権”を考える   | ホーム | 沖縄の声に聞く >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP