FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『琉球独立論』の書評

平佐さんの『琉球独立論』の書評です。ありがとうございました。



沖縄県庁は1972年に誕生したけど、2010年3月に提示された「21世紀沖縄ビジョン」策定まで、沖縄県庁が予算措置を伴う経済計画を自ら策定した事はない。これにしても、予算配分権は中央政府にあり、中央政府の意のままだそうな。

地方分権じゃないのかね?
沖縄のみに適用される法制度や組織があり、基地を押し付ける仕組みになってる。形だけ「県」で、これは「県」じゃないね。

沖縄県には「基本的人権の保障」「平和主義」「主権在民」という日本国憲法の理念は関係なかった。

米軍機が飛びまわり、中学生の女子が米兵3人にレイプされても地位協定は改定されない。辺野古の問題にしても県民の民意が反映されない。滋賀県に暮らす私が、この協定にこれほど屈辱感を持つのだから、沖縄県民には苦痛だったろうと思うし、大変だったと思う。

日本政府はマトモじゃない。

本土の人が、こうもアメリカにおもねるような人ばかりでは、沖縄県民の「琉球人のアイデンティティ」が目覚めてしまうのは仕方ない。愛国者ほど解放したいと考えるのは当然の事。日本人は自称愛国者ほど、アメリカにおもねる。話にならん。

これこそ、本物の「愛国心」「自主独立の精神」だと思って感動したと同時に、かつては「日本人のアイデンティティ」を持っていた人に、これだけの決意をさせた事に、本土で暮らす者として罪悪感を持った。

どちらを選ぶかは、沖縄県民が決めたらいい。
私は琉球人の意思を尊重します。
スポンサーサイト

<< 「いまなぜ琉球独立なのか」 | ホーム | 第 1 回 TFD 日台民間交流国際シンポジウム in KYOTO 歴史景観・街造り・民主人権 「京都市立芸術大学移転を機に“マイノリティ・まちづくり・民主と人権”を考える」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP