FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

台湾原住民族との交流in京都

枳殻邸におきまして開幕式と基調講演を行いました。会場には奇麗な花が飾られ、日本語と中国語の同時通訳もおられました。歴史を感じながら話しを聞くことができました。

最初に真宗大谷派解放運動推進本部の雨森さんがご挨拶されました。東本願寺と地域との関係等を話されました。来月から1月まで東本願寺で開かれる予定の「沖縄の声に聴く」という展示会のための、パネル作製のお仕事では大変お世話になっております。皆様も是非お越し下さい。

台湾民主基金会執行長の黄さんです。今回のシンポジウムの台湾側主催者の代表です。台湾原住民族がどのように権利の回復を実現したのかを話して下さいました。民族の権利回復条項を台湾の憲法にも書き込ませており、大変進んでいると思いました。

柳原銀行記念資料館におきまして、被差別部落民がどのように経済的自立を自らの手で成し遂げたのかを学びました。差別を跳ね返すための経済的な活動の拠点であり、現代のマイクロファイナンスの先駆けとも言える活動です。

次に鴨川を歩き地域の歴史を学びました。私もいつも鴨川の上の橋を渡って大学に行っているのですが、実際に川端を歩くと波の音や香りを感じることができました。

スポンサーサイト

<< 『ジュニアエラ』 | ホーム | OKINAWAアジア経済戦略構想 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP