FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第1回TFD日台民間交流国際シンポジウムin Kyoto

第1回TFD日台民間交流国際シンポジウムin Kyotoにおいて「琉球独立ー差別からの解放を求めて」という基調講演をさせて頂きました。このような貴重な機会を頂戴し、主催の台湾民主基金会、NPO法人京都景観フォーラムの方々、山内さんに心よりお礼申し上げます。

100年以上前に作られた建物の居酒屋で交流会をしました。原住民族の様々な民族の方々と話し合いました。自分も国際法や国連の関連から研究しており、琉球についても関心をもっており、今後も連絡を取り合おうと言って下さった方もいました。また台湾東部の高地に自分の村があるが、そこから琉球が見えると言って互いの近さを指摘しても下さいました。

2年前に琉球独立学会のシンポで報告してくれたサキヌさんです。再会を互いに喜びました。交流会でもサキヌさんと琉球や台湾の独立について意見交換しました。東日本の被災地でもボランティア活動を継続的に行っています。熱いハートを持った方であり、原住民族の権利獲得運動でも大きな役割をされていることが今回も改めて知ることができ、嬉しかったです。

台湾行政院厳重民族委員会副大臣をされている陳さんが現在台湾原住民族が憲法や法律で民族としての権利を獲得しているのかを詳しく講演してくださいました。台湾島に住んでいる元々の主人という地位を憲法の中に記載させました。10年前には原住民族基本法を制定させました。民族の個人レベルで様々な権利を獲得しました。同時に集団的権利を実現するための方法等についてもご報告され、非常に示唆的なお話でした。


スポンサーサイト

<< 李君の講演 | ホーム | 「沖縄の声に聞く」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP