FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

泡瀬埋め立て裁判勝訴

20日の琉球新報に泡瀬埋め立て裁判に勝訴の判決がでましたので、お伝えします。
2001年に1年間、沖縄島に住んでいたころ、何回か埋め立て工事が始まる前に潮干狩りをしに
泡瀬に行ったことがあります。
うれしく、また画期的な判決結果であると思います。




 希少生物が生息する沖縄市の中城湾港泡瀬沖合埋め立て(東部海浜開発)事業をめぐり、住民ら582人が県知事と沖縄市長を相手に支出済みの公金約20億円(2005年提訴時)の返還と将来の支出差し止めなどを求めた訴訟の判決で、那覇地裁(田中健治裁判長)は19日、「現時点において埋め立て事業に経済的合理性は認められない。支出は地方自治法などに反し違法」とし、県には将来分を、今後支出予定だった沖縄市には一切の公金支出差し止めを命じた。

仮処分は付されていない。埋め立て事業費だけでも約489億円に上る大型公共事業に事実上、中止を促す判断を示した。

 公金支出の前提となる契約が締結された部分に関しては、県は支払い義務を負うとして「その部分については公金支出の差し止めを求めることはできない」とし、地裁判決の確定までの支出差し止め請求は棄却した。

 支出を命じた当時の稲嶺恵一前知事に損害賠償を請求するよう県に求めた請求は「(支出された当時において)経済的合理性を欠くものであったとまでは言えず、違法でない」として退けた。

 田中裁判長は判決理由で、東門美津子沖縄市長が2007年12月、既に着工した第1区域約90ヘクタールの利用計画を見直し、第2区域については計画を撤回すると表明した点に言及。

「第2区域について市長は基本的に見直すというものである」と指摘。「推進が表明された第1区域についても具体的な土地利用計画は何ら明らかでない」として、経済的合理性を欠くとした。

 県が担当する埋め立て事業も「市の事業が経済的合理性を欠く状態である以上、埋め立ての合理性も認められない」と述べた。

 原告側は事業に伴う環境影響評価(環境アセスメント)に不備があると主張していたが、判決は「不十分な部分は散見されるものの、違法なものとまでは言えない」とした。

 県知事側は、同事業が沖縄市に集客性の高い地区を形成し、新たな雇用の場を確保する目的があり、経済的合理性を有し、第一次的に執行は行政機関の裁量に委ねられていると主張していた。
スポンサーサイト



<< 沖縄県、泡瀬裁判に控訴の方針 | ホーム | ゆいまーるの集い 西表島 2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP