FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

龍谷大学でパラオ共和国を学ぶ

昨日のマツタロウ大使の学内でのポスターを中心にしての写真です。伊達・龍谷大学ボランティアNPOセンター長はじめ、多くの学内の方々に、今回の講演会を実現する上でお世話になりました。この後、赤松学長とも意見交換し、龍大とパラオとの関係強化の可能性について話し合いました。

多くの学生がマツタロウ大使の講演を聴講しました。会場からは英語、日本語での質問や意見がでました。リアクションペーパーにも多くの感想を書いてくれました。

大使はパラオの自然環境がいかに国の経済自立にとって重要なのか、観光保護のための各種の施策、日本との関係等について、写真を見せながら、具体的に話されました。学生さんが大使の英語を日本語に通訳しました。

次の授業では、パラオに関するワールショックが開かれました。学生さんがまず、昨年のパラオでのフィールドワークを踏まえて発表しました。会場にはパネルも展示され、参加者がパラオについて深く学ぶことができました。

龍大は3つのキャンパスに分かれていますが、それぞれで学ぶ学生が互いに連絡を取り合い、今回のパラオに関する企画展を準備してきました。それぞれが忙しい中での活動でしたが、大変、内容も素晴らしく、マツタロウ大使も喜んでおり、室内の展示物の写真をとっていました。

次に学生が大使に直接、質問をして、答えてもらうという質疑応答の場が設けられました。大使も真摯に答えて下さり、お心の温かさが伝わりました。大使を通じてパラオと自分との距離が非常に縮まったのではないでしょうか。

会場でも学生が熱心に聞いていました。主催者の学生は学内でチラシを配布するなど、今回の展示会開催にために熱心に活動をしました。充実した意見の交換ができました。龍大ボランティアNPO活動センターのご支援を頂きました。感謝申し上げます。

展示会の最後に記念撮影をしました。大使から、展示会主催の学生に対して、パラオの国旗のバッジと名刺を一人一人に渡されました。国旗の満月や海がパラオ人にとってどれほど重要なのかを話されていたのと大変印象的でした。
スポンサーサイト

<< 「沖縄の声を聞く」東本願寺での琉球に関する展示会開催中 | ホーム | 珊瑚礁の思考ー琉球弧から太平洋へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP