FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーるの集い 西表島 4

前利さんからいただいた集いの写真をご紹介します。

IMG_1917.jpg
嘉目館長が、ユニマット社、ドリーム観光社によって部落の土地が買収されていることを詳しく説明され、どのように村を守るのかについて問題提起をされました。

IMG_1925.jpg
人口42人の村を率いる館長として、企業に正面から立ち向かって闘っておられます。琉球の島々を席巻している資本の暴力が船浮まで及んでいる事態を実感しました。

IMG_1926.jpg
白浜公民館の館長で、竹富町議会の議員の方が発言されました。太陽の村でも働いたことのある経験があり、企業投資に対する不信感について述べ、船浮における開発の影響が白浜にも及ぶことへの懸念等について話されました。館長の両隣は、西浜さんと、私の父です。

IMG_1930.jpg
WWFの上村さんが発言されています。船浮についてはWWFも大変関心をもっており、船浮の環境調査に関しての資金提供の協力が可能性があるそうです。

先日、金星さんから連絡があったのですが、自然保護助成基金という、別の自然保護団体も船浮におけるトラスト運動に対して資金支援が行われる可能性があるそうです。両隣は石坂さん、上勢頭さん、藍澤さんです。

IMG_1932.jpg
今回議論になった地域が記された地図です。ご確認ください。

スポンサーサイト



<< 上野千鶴子講演会 in 龍谷大学へのご招待 | ホーム | ゆいまーるの集い 西表島 3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP