FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上野千鶴子講演会 in 龍谷大学へのご招待

龍谷大学大学院経済学研究科民際学研究プログラムでは、上野千鶴子氏(東京大学大学院教授)をお招きして、講演会を開催いたします。

 
結婚していようがいまいが、世界一長生きの日本女性は、最後は「おひとりさま」になる(確率が高い)。

上野氏はベストセラー「おひとりさまの老後」(2007 法研)で,「どうすれば安心して老いと付き合っていけるか、そして心おきなく死ねるか」を問いながら,その覚悟や準備の仕方を提案しました。

講演会では,そうしたおひとりさまの老後を支える人々と地域の仕組みを考えます。自立して充実した人生を送るために,年齢を問わず,また男性にも必聴の講演です。

日時:2008年11月28日(金)18:30~20:00(開場18:00)

会場:龍谷大学深草学舎21号館302教室 

(京阪「深草駅」下車すぐ、京都市営地下鉄「くいな橋駅」・JR「稲荷駅」下車徒歩8分)

テーマ:「おひとりさまの老後を支えるしくみづくり」

講演者:上野千鶴子(東京大学大学院教授)

主催:龍谷大学大学院経済学研究科民際学プログラム・社会科学研究所共同研究「民際学」グループ

(入場無料・事前申込不要)

民際学とは:

民際学研究プログラムは、学生の経験や生活を学問することを目指します。
民際学とは、「人びとが主体となって担う学問」、「一人称や二人称で語る学問」です。

つまり社会生活の当事者として、自己の課題を万人に共通するものとして考え学ぶのが「民際学」です。

民族問題、開発問題、環境問題、地域問題、ジェンダー問題、人権問題、NGO、そしてそれらの相関関係と問題解決のための方法を学びます。社会人を歓迎しています。


お気軽にお越しください。
スポンサーサイト



<< ゆいまーるの集い 西表島 5 | ホーム | ゆいまーるの集い 西表島 4 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP