FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

この「抑止力」を求める日本国民がオスプレイを自らの日常の中に引き受けるべきです。

教室で会議の開始を待っていたら、重低音の轟音を鳴らすオスプレイが近くを飛んでいました。これら日本政府がいう「抑止力」の正体です。この「抑止力」を求める日本国民がオスプレイを自らの日常の中に引き受けるべきです。

沖国大のこの庭は木陰があり、自由に話し合え、食事をとることができます。でもしばしば、米軍機が上空を飛び、琉球の現実を体で感じることもできます。

もひとつの琉球の老舗パン屋のぐしけんパンのこのパンも、味が変わらず美味しいです。沖縄県立図書館のヤスンバでよく食べて、エネルギーを補給しました。


大学の中庭で、今晩の会議や学会誌発送作業にそなえて早い夕食を食べました。このオキコパンは私が青年のころからよく食べたパンであり、大変美味しいです。


沖縄国際大学に行く途中にある普天間基地のゲートです。いつもは閉鎖されている門ですが、ガードマンが門を開けて、米軍関係者の車両が基地外にでていきました。あちらの世界から外に出られるのに、私たちの世界から中に入れないゲートです。

大学の目と鼻の先に普天間基地があります。その移設先は、琉球人が大反対をしている辺野古ではなく、本来、米軍基地があった日本「本土」に戻るべきです。
スポンサーサイト

<< 米軍のAFNを含む琉球のFMラジオを聞きながら、琉球を歩き、車窓から街や人を見ました。 | ホーム | 沖縄「先住民」論の地平:自ら「所属性」決定 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP