FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

米軍のAFNを含む琉球のFMラジオを聞きながら、琉球を歩き、車窓から街や人を見ました。

琉球独立学会誌の発送作業を終えてバスで自宅に戻る途中で、国際通りを通過しました。昼見る国際通りとは違い、ネオンや光が行き交う人を照らし、奇麗でした。



モノレールの奥武山公園前駅のホームの目の前にある自衛官募集の案内図です。戦闘行為が強調されており、青年はあまりいい印象をもたないのではないでしょうか。



退院を祝って両親と沖縄そばを食べました。病院の食堂で何回か食事をしましたが、どの料理も大変美味しく、良い思い出になりました。


自治会館前です。ここに新しいバスターミナルと、県立図書館ができます。多くの人が行き交い、学び合う場所になったらいいですね。


米軍のAFNを含む琉球のFMラジオを聞きながら、琉球を歩き、車窓から街や人を見ました。中でも豊見城市のコミュニティーFMである「FMとよみ」は大変味わいがありました。


スポンサーサイト

<< 『琉球独立への経済学』の販売が始まりました | ホーム | この「抑止力」を求める日本国民がオスプレイを自らの日常の中に引き受けるべきです。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP