FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

福井と琉球との関係

道元さんが浙江省の方に留学したこともあり、福井県は同省との交流事業を長きに渡って進めてきました。

福井の偉人、由利公正の生涯を大河ドラマ化する運動が同地のコンベンションビューローによって展開されています。かつて琉球でも「琉球の風」がありました。

琉球と中国が歴史的に特別な関係にあるように、福井県も中国と長い独自の関係があるのです。この関係をいかに平和的に、民際的に続けていくのかが重要です。

原発があっても人口減少が続く高浜町で町長選挙がありました。地域の経済をどのように発展させるのかという地道な取り組みが必要とされています。

地域のことを少しでも知りたいと思い、講演前に1ヶ月分の福井新聞を読みました。活断層が福井県に集中しており、多くの原発も集中していることを考えると大変不安になりました。


スポンサーサイト

<< 龍谷大学での琉球に関する連続講座 | ホーム | 日本平和学会メールマガジンでの『琉球独立への経済学』の紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP