FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

様々な人や生き物から学ぶ

静岡で生まれた重子です。11歳となりますが、猫や人とも仲良くしてくれる、心優しい、平和的な犬です。

我が家のメス猫を慕ってやってくる、野良猫のロミオです。毎日のように、雨でも雪でもご飯を食べにきますが、人への警戒心は強いです。厳しい自然の中で頑張って生きています。



庭ではバラも満開となりました。庭には鳥やイタチがやってきたり、様々な昆虫、カエル、ミミズ等が生活しています。ムカデに咬まれたことも何度かあります。昨日は久しぶりに蛇を庭で見て、びっくりしました。


今日は、大学の研究室にアメリカのジョージア州立大学の准教授ゲインティーさんと院生ホーキンスさんが来て下さり、琉球の歴史や文化、経済、独立、アメリカとの関係等について意見交換しました。アメリカの研究者がどのように琉球を考えているのかが分かり勉強になりました。にーふぁいゆー。


黒崎さんから『マーシャル諸島の政治史』を頂戴しました。心より感謝申し上げます。10年程前にマーシャル諸島を調査した時に、日本大使館で働いていた黒崎さんに大変お世話になりました。現在は太平洋諸島研究センターにおいて太平洋諸島と日本とを結ぶ重要なお仕事をされています。勉強させていただきます。

黒崎さんから下記の本を頂戴しました。アジア経済研究所での研究成果であり、黒崎さんが編者の一人として取りまとめています。現在の太平洋諸島研究の最先端の一つだと思います。私も20年程前に同研究所での研究した思い出があります。フィジーのラウ諸島と琉球国とを海洋国家という視点で比較したものです。塩田さんが編集された『海洋島嶼国家の原像と変貌』という本にあります。黒崎さんの本もまた勉強させて頂きます。

昨日は、経済学部の入門演習の授業で、社会学部と国際学部4年の稲田君、ピョンさんに「当事者性」について話し、1年生と意見交換をしてもらいました。お二人とも、関西シールズの活動、辺野古や京丹後での米軍基地反対運動、在日に対するヘイトスピーチ問題等について真摯に語って下さいました。今年の参議院選挙から学生も選挙権を行使できます。1年の学生も社会の一人として当事者性を持って行動し、発言して欲しいです。にふぇーでーびたん。

昨日、月刊誌『文藝春秋』記者のインタビューを受けました。「2020年に向けて琉球独立をどう考えるか」というテーマです。私を含めて30人の方々のインタビュー記事が掲載される予定です。来月初めに出版される同誌に掲載される予定ですので、どうぞご笑覧下さい。
スポンサーサイト

<< 北京大学における国際会議への参加 | ホーム | 琉球悲劇何時了? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP