FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球救国運動家、王大業を偲ぶ

大学の中に商店街があり、家族連れも歩いていました。学生も大学の中で生活しています。風呂、散髪、食事、買い物等、大学の中で生活全般を行うことが可能です。

琉球救国運動家の一人であった王大業の墓石がこの博物館に保存されていますが、その現物を是非共拝みたいと、皆で粘り強く交渉をし、その写真を見ることができました。

琉球人墓参団の皆様と一緒に通州博物館に行きました。参加者の皆様とも親しく話す機会があり嬉しかったです。参加の皆様はそれぞれの熱い思いでこの旅に参加されていました。

私たちが最初泊まった宿舎は、戦後暫く旧ソ連の専門家が滞在した施設でして、非常に歴史を感じる、重厚な雰囲気のホテルでした。敷地も広く、緑も多く、散歩もしました。

私は「先住民族としての琉球人の自己決定権行使」という報告を行うとともに、報告者のコメントもしました。大変、刺激的な議論でした。今回の報告内容は論文集として出版される予定です。


スポンサーサイト

<< 琉球学の先達から学ぶ | ホーム | 北京大学における国際会議への参加 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP