FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球学の先達から学ぶ

大阪市政調査会主催の講演会で話した内容、「琉球-基地と自治をめぐる課題」が『市政研究』最新号に掲載されていますので、どうぞお読み下さい。

今週の日曜日に、「琉球民族独立学会3周年記念シンポー国連勧告撤廃を考える」を開催します。多角的な観点から、豊見城市議会意見書、宮崎衆議院議員の発言、日本政府の意向について論じ、米軍属による女性殺害事件への抗議を行う予定です。

比屋根先生の琉球近代政治史のご研究からこれまで多くを学びました。今回、親しくお話をさせて頂きましたが、特に大田知事時代に先生が政治アドバイザーをされていた際のお話は大変興味深かったです。

「琉球併合」について画期的なご著書を書かれた波平先生は、石垣島のご出身であり、先生のご親戚と私の親戚同士の付き合いがありました。豊見城市議会意見書についても鋭い発言をされており、大変有り難いと思います。

北京大学での国際会議では、琉球救国運動の王大業のご子孫である国場さんが最初にお話をされました。琉球の過去と今の「救国」の動きを踏まえた重みのある発言でした。

北京大学の国際会議では、新報、タイムスのお二人もそれぞれの立場から報告し、大城さんや前田さんという次世代の琉球学を担う研究者の報告もありました。


<< 基地は琉球から完全撤去しなければなりません。 | ホーム | 琉球救国運動家、王大業を偲ぶ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP