FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基地は琉球から完全撤去しなければなりません。

今日、沖縄国際大学にて午後2時から、豊見城市議会意見書、宮崎衆議院議員発言、先住民族としての琉球人、琉球の再植民地化等について、琉球民族独立総合研究学会主催のシンポジウムを行います。私もスカイプを通じて発言を行います。ご来場の皆さんと真剣な議論をしたいです。

北京大学シンポジウムの琉球側の代表である又吉先生です。又吉先生とは私が学生の頃からお世話になっており、台湾、中国における琉球人の活動を一貫して調査研究されております。今回は琉球人の戦争責任についてご報告されました。

台湾の中央研究院で研究員をされている呉先生です。お名前は「ウチナー」と発音されますが、琉球が好きになったお父様が名づけられたそうです。今年の7月に独立学会主催のシンポの際に、琉球に来られる予定です。

石垣島から来られた歴史家の大田さんです。今回、大田さんが私の親戚であることが分かり嬉しかったです。八重山の海が穏やかな海であって欲しいという願いを込めて、青のミンサー模様のかりゆしウェアーを着たと語りました。



劉先生です。3年前に私は劉先生のインタビューを受けまして、その内容が環球時報に掲載されたことがあります。琉球独立運動を客観的に分析する必要があるとの先生のご意見に賛成します。

沖縄タイムスの吉田さんです。琉球における基地問題を具体的にご報告されました。今回の琉球人女性レイプ殺害事件がなぜ発生したのかの背景を来場者は知ることができたでしょう。基地は琉球から完全撤去しなければなりません。


スポンサーサイト

<< 北京大学国際会議での報告 | ホーム | 琉球学の先達から学ぶ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP