FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

福州まで続く運河の橋で琉球を考える

通州の街は牛肉、羊肉の屋台等もあり、活気があり、美味しそうなにおいが食欲をそそりました。康煕帝が通州に琉球人のための墓地を整備してくれたそうです。墓地が再建されることを祈りたいです。


かつて琉球人も歩いた石橋を私たちも歩きました。数百年にも渡る車の轍が石の上に刻まれており、長い年月を偲ぶことが出来ます。

この運河は福州まで続いており、琉球の進貢使節団はここで船をおりて、荷物を積み替えて紫禁城に移動したそうです。かつての琉球人にとっても思い入れの深い場所の一つなのです。この風景は2年前と変わりありません。

この日は天気が良く、中国の女性も日焼けしないように「完全武装」で道路をオートバイで移動していました。

羊の一群も橋を渡りました。とてもかわいらし羊達でした

橋の欄干におかれたシーサーもそれぞれ表情が異なり、味わいがあり、また琉球とも通じる懐かしさがあります。かつての琉球人も触ったのではないでしょうか。


スポンサーサイト

<< 金曜実さんと琉球の平和と独立について話し合いました | ホーム | 『アジェンダ』に私の論考が掲載されました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP