FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球救国運動家の足跡を辿る

又吉先生が琉球使節、琉球人留学生、琉球救国運動の人々にとって、この場所がいかに大切であったのかを説明して下さいました。かつての琉球人の気持ちを考えて、この地を踏みしめました。

琉球人慰霊団参加者の皆様も、それぞれの思いで琉球と中国をつなぐ橋を見つめました。

通州は北京市の郊外であり、様々な開発が進んでおり、琉球人墓再建運動をしないと、墓の跡地はテーマパークになる予定です。そうならないために沖縄県、北京市に働きかけて墓地の再建運動が進められているのです。

上から橋の近くにある村の佇まいを見ました。昔ながらの落ち着いた家並みです。昨年訪問した福州市の昔ながらの庶民的な家並みを思い出しました。

バスで北京市内に移動するにつれて高層ビルが林立するのがみえました。私は途中でバスを降りて、知人に会わなければなりませんでしたので、慰霊団の方々にご挨拶と感謝の言葉を申し上げました。
スポンサーサイト

<< アジア、アフリカの留学生から学ぶ | ホーム | 金曜実さんと琉球の平和と独立について話し合いました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP