FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球國の具志頭王子

福井県庁も福井城の中にありましたが、静岡県庁も駿府城の中にありました。いつか、沖縄県庁も首里城の中に移設したほうがいいのではと思いました。

静岡に住んでいた時、時々、1610年にこの地で亡くなった具志頭王子の墓に参拝しましたが、9年ぶりに墓参をさせていただきました。琉球國の文字が嬉しかったです。

1610年に33歳で駿河で亡くなった具志頭王子のマブイに琉球の近況をご報告するとともに、琉球の平和を加護して下さるよう願って手を合わせました。

近世琉球時代において、江戸城に向かった慶賀使、謝恩使の琉球人も墓参をしたそうです。福州や北京という異郷の地で亡くなった琉球國時代の琉球人のことを思い出しました。

墓石の前には壺屋焼の湯のみが置かれてあり、琉球を感じさせました。2010年に「琉球王子没後400年」の法要が行われ、王子供養のために琉球古典音楽と舞踊が奉納されたそうです。

具志頭王子は尚寧王の弟であり、島津藩の琉球侵略後、江戸城に向かう途中で駿河において亡くなりました。兄の尚寧王のお墓は浦添ようどれにあり、普天間基地に隣接しているため安眠できない状況にあります。

お墓がある清見寺は駿河湾に面しています。駿河湾には琉球から北上した黒潮が流れています。JR興津駅から歩いて15分でお寺につくことが出来ます。この日は天気が良く、大汗をかきましたが、王子の遺徳を偲びながら歩きました。

臨済宗妙心寺派の清見寺の境内には大きなソテツの木があり、琉球を感じさせました。同寺は朝鮮通信使の宿泊所でもあり、通信使に関する歴史資料も保存されています。
スポンサーサイト

<< 琉球の新聞を日本において読む | ホーム | 沖縄自立と東アジア共同体 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP