FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーるの集い 西表島 10

訂正があります。
「ゆいまーるの集い 西表島4」に以前記載されていたないようを、次のように改めたいと思います。
「WWFの上村さんが発言されています。船浮についてはWWFも大変関心をもっており、船浮の環境調査に関しての資金提供の協力が可能性があるそうです。
先日、金星さんから連絡があったのですが、自然保護助成基金という、別の自然保護団体も船浮におけるトラスト運動に対して資金支援が行われる可能性があるそうです。」
上村さん、ご指摘ありがとうございました。今後とも、船浮を支援してください。どうぞよろしくお願いします。

IMG_4353.jpg
祖納部落の各地の看板に張り出された、集いのポスターです。金星さんたち、公民館の方々が張ってくださったと思います。

IMG_4355.jpg
横断幕も、金星たち、公民館の方々の手作りで作っくださいました。心よりお礼申し上げます。背景の垂れ幕に描かれている、マルマボンサンの絵はいつ見ても、心を和やかにさせてくれます。マルマボンサンを中心とする風景は数百年変わらず、人々の心の風景として継承されてきたと思います。その心象風景が絵に表現されています。

IMG_4347.jpg
私の両親です。父母とも石垣島の出身であり、父は台湾キールンで生まれました。父は八重山高校を卒業後、石垣島測候所で働き、私が生まれない前に、背後にある測候所で働きました。現在、浦内川の橋を建設する際に必要な気象測定等も行ったそうです。

現在、西表アイランドホテルはかつて旅館でして、そこで職員たちは生活していました。53年ぶりに当時お世話になった方と話をすることができ大変喜んでいます。

両親は、この集いに毎回参加しています。島の実情から学ぶことが多いと言っています。父は足が弱くなり、今回から杖での参加となりましたが、階段の上り下りもきつくなりましたが、今後も出来るだけ参加したいと言っています。

IMG_4356.jpg
金星さんが交流会のはじめで開会のあいさつをしているところです。自治の実践をしてこられた金星さんの言葉には重みと深みがあります。いつ話を聞いても学ぶことが多いです。

IMG_4357.jpg
15日の交流会では、参加者が自己紹介をしました。左から前利さん、石坂さん、島袋さんです。石坂さんとは、石坂さんの前職である沖縄協会で石坂さんが私が話をする機会を与えて下さった以来、親しくさせていただいています。

島袋さんとは、私が大学院生のころ、ジュネーブにある国連欧州本部の先住民族作業部会に私が参加する際に、いろいろと支援してくださいました。現在、東京に琉球センターどぅたっちという、琉球文化運動の拠点を主催しております。

前利さんは沖永良部に住みながら多くの刺激的な発言をしている方です。前利さんの発言、論考からはいつも学ばせて頂いています。

IMG_4358.jpg
右から西浜さん、藍澤ご夫妻、小枝さんです。西浜さんは奄美大島での集いから引き続き参加してくださっています。西浜さんは大学院博士課程で琉球について研究するとともに、大阪で辺野古の新米軍基地建設に反対するビラ配り運動を行う、実践家でもあります。

藍澤ご夫妻は、私が担当している大学院の前期授業「地域経済論」に参加し、『沖縄島嶼経済史』を他の2人の中国人学生とともに分担してレジュメをつくり、ともに学びました。問題意識も深く、刺激的な時間でした。

スポンサーサイト



<<  “無国籍”地帯、奄美諸島 | ホーム | ゆいまーるの集い 西表島 9 >>


コメント

偶然石垣島測候所の写真をネットで見つけました。私は昭和24年に測候所の官舎で生まれました。岩崎先生の銅像の前で皆でよく遊んでいました。父は通信課で働いていました。家族は与那国でも暮らしました。色々な写真を見て懐かしく、涙が出ました。ありがとうございました。

Re: タイトルなし

ありがとうございます。父も元気で過ごしております。父に喜舎場さんのからのお返事をお伝えします。
大変嬉しく思います。

松島泰勝


> 偶然石垣島測候所の写真をネットで見つけました。私は昭和24年に測候所の官舎で生まれました。岩崎先生の銅像の前で皆でよく遊んでいました。父は通信課で働いていました。家族は与那国でも暮らしました。色々な写真を見て懐かしく、涙が出ました。ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP