FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

西京国から独立を考える

下から押し上げる式のエレベーターに乗りました。機会も美術品として存在させています。芸術と自分が一体化した感覚がさらに強まりました。

このような所に住んでみたいですね。「海上都市」の建設が世界中で進んでいますが、人類は海の中という、もう一つの世界でも生きることがこれから可能になります。その意味で琉球のアクアポリスは新しい時代を象徴していました。

波の模様がきれいです。琉球やパラオの海でシュノーケルをして海の中で泳いだ時を思い出しました。地上からは別の人が私たちを見つめ写真を撮っていました。私たちも下から上の人を撮りました。人間の関係が再定義されたようで、面白かったです。

プールの下に行き、自分も作品の一要素になりました。外国人観光客も興味津々でした。現代美術館を金沢に作る前に、その当否とめぐり議論があったそうですが、結果的には国際的にも注目される美術館となり、有力な観光スポットの一つになりました。

食堂で野菜カレーを食べました。食卓の上も海をイメージした作品があり、食も美意識で彩られました。美術館には多くの子供達がおり、美術を楽しんでいました。

先日、同美術館に行った時、この特別展を見ました。「西京国」という架空の国をめぐって、日本、中国、韓国のアーティストが作製した作品展です。琉球独立を研究する者として、刺激を受け、考えるヒントを貰いました。
スポンサーサイト

<< 松島ゼミ活動の紹介 | ホーム | 沖縄大学島田ゼミとの合同研究会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP