FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

摩文仁が丘でアジアの平和を考える

京都は大雨です。傘をさしても全身ずぶぬれとなりました。9時からの授業に参加する学生さんも通学が大変だと思いますが、頑張って下さい。関西は琉球とは質の異なる暑さのように感じます。

琉球は東アジアの各地域と航空網で結ばれ、年ごとに深くなり、増大しています。

韓国人慰霊碑にご案内しました。台湾の参加者の中には涙を流しておられる方もおりました。積み上げられた石は韓国の各地からのものです。戦争犠牲者に対する厚い弔いの気持ちが伝わってきます。

平和の礎の、台湾の方々の名前が刻印された場所にご案内しました。私たち琉球人も礎の中を歩きながら、改めて戦争の悲惨さを憶い、平和を祈念しました。

翌日は、平和祈念資料館に行きました。台湾の方々はじっくりと琉球の歴史、戦争、植民地支配を学んでいました。皆さんの新たな視点から私も学びました。

台湾を台風が直撃し、中華琉球研究学会の皆さんの来琉を心配していましたが、無事到着することができて安心しました。
スポンサーサイト

<< 民際学ネットワーク | ホーム | 家庭の琉球料理 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP