FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーるの集い 西表島 11

IMG_4361.jpg
船浮の嘉目公民館長がスクリーンの前で土地買収問題について、説明してくれました。地域に対する熱い気持ちを感じることができました。

IMG_4362.jpg
元の西表島測候所の建物を借りて、地球研が西表島に関する総合的な調査活動をしていますが、そこで研究をされている方が船浮の問題について発言してくださいました。この方は、以前、私が祖納の節祭を拝見しに行った際にも、祭に来ていた方でした。地域の行事にも積極的に参加している研究者の方だそうです。

IMG_4364.jpg
島袋さんと藍澤さんの間で竹尾先生から貴重な発言を頂きました。浦内のユニマットホテルに対する裁判闘争を踏まえて、今回の問題についてコメントをいただきました。世界的な有名なlonelyplanetという旅行ガイドブックには「ユニマットのホテルには泊まるべきではない」という注意書きがあるそうです。

IMG_4376.jpg
上勢頭さんが、竹富島の町並み保存、そして現在直面している諸問題について真剣に切々と説明してくださいました。本当に、心から島のことを愛していることが、ご発言からうかがえました。

IMG_4378.jpg
後方の私の両親の間に座っている方は、西表島の古見にお住まいの松本さんです。以前、私が浦内のユニマットに反対する住民の集いに参加したときにも松本さんがおられました。船浮は人口も少なく、まわりの人々が協力して「船浮を愛する会」等のような会をつくり、署名運動を展開するなどして、
乱開発を防ぐ必要があるとご提案されました。


スポンサーサイト



<< ゆいまーるの集い 西表島 12 | ホーム |  “無国籍”地帯、奄美諸島 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP