FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

台湾之塔の問題性

各県の慰霊塔がある中に、「台湾之塔」があります。今年の8月15日に正式に建立されることになるそうです。蔡総統の名前が刻まれています。

彫刻家の金城さんから、黎明の塔は切腹の姿を形象したものだと聞きましたが、後ろから見ると、それがよくわかります。

黎明の塔です。第32軍の牛島中将と長参謀長を祀った慰霊塔です。現在でも自衛隊が参拝するそうです。台湾の方々に、なぜここにこの慰霊塔があるのか、沖縄戦の実態について説明しました。

台湾之塔の近くには特攻隊の慰霊碑もあります。各県の慰霊塔は、沖縄県立平和祈念資料館の展示内容とは大きく異なり、英霊史観が非常に濃厚です。

この碑文には疑問を感じました。本当に台湾から人々が「勇んで」戦争に参加したといえるのか。植民地時代におかれた台湾の人々がアジア太平洋戦争に巻き込まれたという歴史認識が欠如しています。
スポンサーサイト

<< 台湾の人々とともに辺野古新基地建設に反対する | ホーム | 石垣市議会意見書の問題性 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP