FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「鄭さんは、自分たちの先祖でもある」

キャンプシュワッブのゲート前のテント小屋の前を車で通りました。台湾の方々も辺野古新基地建設反対の声を伝えたいと仰って下さいました。

鄭迵謝名親方利山顕彰碑に行き、説明文に説明するとともに、ここに台湾の皆さんが来て下さったことに御礼申し上げました。台湾の方々は「鄭さんは、自分たちの先祖でもある」と述べ、頭を下げ、手を合わせて下さいました。

「台湾遭害者の墓」です。宮古島の人々が台湾原住民に殺害された事件後、日本の台湾侵略が行われ、琉球併合に繋がりました。奈良原繁知事の名前で説明文が書かれていますが、日本帝国の権力者の視点で同事件を認識していると台湾の方々が指摘していました。

県庁広場周辺で伊波さんの応援演説がありました。ちょうど、糸数慶子さんが応援演説をされていましたが、台湾の方々も伊波さんを応援して下さいました。

私が高校生の頃から使ってきた、与儀十字路の陸橋ですが、身障者にとって大変過酷な陸橋であるという指摘に、なるほど、そうだと気付かされました。
スポンサーサイト

<< 『琉球独立への経済学』の書評 | ホーム | 琵琶湖の環境問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP