FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球民族独立総合研究学会の側からの報告

石原先生が言語復興運動における「言語的人権」について報告されました。前日には車を提供し、運転して下さり、心より感謝申し上げます。太平洋の島々でも言語復興運動と自己決定権行使とは強い関係があります。

桃原さんは、県外移設論の理論的な整理と、植民地主義における被植民者の共犯性という問題を報告されました。県外移設論を巡る社会理論的なご報告に、台湾からの参加者も刺激を受けていたようでした。

私は、国連勧告撤回を求める石垣市議会意見書の問題性を指摘するとともに、台湾における再皇民化問題が琉球人にとって持つ意味を批判的に報告しました。再皇民化は石垣、豊見城のように琉球内でも進んでいます。

豊見城市議会の宜保議員が国連人権理事会において国連勧告撤回を求める主張をしましたが、外国記者クラブにおける報告動画について親川さんが批判的に分析して下さいました。国連勧告撤回の主張が学問的根拠のないものであることが明らかになりました。

国連勧告撤廃を求める豊見城市議会の意見書に対して、独立学会と私が連名で抗議文を送付しましたが、未だに回答を得ていません。誠実に議論をしながら物事を考え、決めていくという民主主義的な手続きを自覚した政治家になって欲しいものです。

スポンサーサイト

<< 琉球独立運動と台湾独立運動とは何が違うのか | ホーム | 中華琉球研究学会の方々のご報告 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP