FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

差別問題を自分の問題として考える

今、家の周りで蝉が大合唱していますが、今日は朝から鳴き声がけたたましいなと思って窓を見たら、網戸に蝉がとまっていました。蝉の激しい鳴き声で元気をもらいました。

家の周りは田圃なのですが、今、年1回の農薬散布をしています。琵琶湖のすぐ近くなので、減農薬だと思いますが、家中の窓を閉めました。朝5時から農薬散布器械のエンジン音が、蝉の鳴き声とともに鳴り響いています。

今日は一日中、大学院の民際学特別演習の授業を行います。まず事前に学生が提出したレポートを基にして議論をします。そして大学の近くにある東九条地区、崇仁地区における在日コリアン、被差別部落の方々に対する差別の歴史と現状、内発的発展の実践について教室で学び議論した後、教室を出てフィールドワークを行います。差別の現実と、それに負けない人々の生き様を自らの心身を通じて学んで欲しいです。

昨日は炎天下、学生達が「差別の歴史と現状」を学ぶフィールドワークを行いました。柳原銀行記念資料館では、事務局長の山内さんが説明をして下さいました。被差別部落民がどのように経済的自立を確立していったのか、これから崇仁地区をどのように変えていくのか、そのために歴史の掘り起こしがいかに大切か、教育が脱差別において大きな役割を果たすこと、韓国の被差別者との連帯等を学びました。心より御礼申し上げます。学生達も、差別の問題と自分の問題として考え、脱差別のための自己決定権行使の具体的な歩みを知ることができたと思います。

今日も一日かけて、京都に来られる外国人観光客に対して、学生自身で考えた質問表に基づいてアンケート調査を行い、そのデータを分析して、プレゼンし、議論をする予定です。今日も暑くなりますが、無理せず、休みながら授業を学生とともに進めていきたいと思います。
スポンサーサイト

<< 日本の中の差別を考える | ホーム | 大学のゼミ旅行を学生主体で準備する >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP