FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

日本の中の差別を考える

昨日も京都は35度を越える炎天下でしたが、大学院の集中授業をしました。履修者全員中国人留学生でしたので、多くの外国人が参拝する神社に行き、学生自身が作成したインタビュー、アンケート調査表を基にして中国本土各地、台湾、マレーシア等の観光客に話しを聞きました。ビザ、不動産、老舗、貧困、ジェンダー差別、観光行動等の各自の関心事を中心に調査をしました。学生は目を輝かし、データを自力で集めた自信、色々な人との出会いや交流等の話しを私にしてくれました。後日、PPでの報告を楽しみにしています。


今、夏休みということもあり、親子で朝早くから駅前を掃除していました。地域のボランティア活動によって、気持ちよく駅前を使うことができます。ありがとうございます。


ウェブサイトで、京都朝鮮第一初等学校に対してどのようにヘイトスピーチが行われ、地域住民が裁判に訴え勝利したのかについて確認した後、歩いて学校の跡地に行きました。民族差別の現実を見ました。


小学校の前にある公園です。ヘイトスピーチは在日コリアンがすむ東九条の他の場所でも行われており、そこにも行きました。弱い立場の子供達がヘイト犯罪のターゲットにされています。最近の神奈川での障がい者集団殺害もそれに連なる事件です。

差別を受けて、日本社会に同化するのではなく、自らの民族の歴史や文化に誇りをもって生きようする人々の拠点です。東九条マダンという唄や踊りの祭りも毎年開催されています。琉球人も大変勇気づけられます。

スポンサーサイト

<< 日本のグラミン銀行 | ホーム | 差別問題を自分の問題として考える >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP