FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

<無国籍>地帯、奄美諸島 1

2008年10月18日(土)に奄美地区教育研究集会において、前利さんが発表されたレジュメを、ご本人の了解を得たうえで、ブログに掲載いたします。

テーマは、「<無国籍>地帯、奄美諸島」です。

はじめに
※ここでは「国籍」を<帰属すべき場所><国家><実体>という意味で使う。

1.「琉球諸島自治政府」シンポジウム(99年1月、名瀬市) ※講師:吉元政矩(元沖縄県副知事)

(1)「琉球諸島自治政府」――「奄美諸島」「沖縄諸島」「宮古諸島」「八重山諸島」の各自治政府
  ※「琉球臨時中央政府」――「奄美群島」「沖縄群島」「宮古群島」「八重山群島」の各群島政府(占領時代)
  ※奄美群島政府時代(50年11月25日 ~ 52年3月31日)

(2)奄美側のパネリスト → 「本籍は沖縄、現住所は鹿児島」 ※「奄美」という本籍はあるのか?

2.高橋孝代著『境界性の人類学~重層する沖永良部島民のアイデンティティ~』(06年)

(1)著者は1967年、沖永良部島和泊町生まれ。第35回伊波普猷賞を受賞(08年2月)

(2)沖永良部島民のアイデンティティ(600人を対象にしたアンケート)
①帰属意識

<全体>「鹿児島県」47% × 「沖縄県」53%
<知名町>「鹿児島県」37% × 「沖縄県」63%
<和泊町>「鹿児島県」56% × 「沖縄県」44%

②高校野球 ※<鹿児島><沖縄>は、出自を示す

<全体>「鹿児島県代表」27% 「沖縄県代表」29% 「両方」41% 「どちらでもない」3%
<鹿児島>「鹿児島県代表」41% 「沖縄県代表」20% 「両方」39% 「どちらでもない」0%
<沖縄>「鹿児島県代表」11% 「沖縄県代表」54% 「両方」35% 「どちらでもない」0%

③文化的アイデンティティ(どれだけ愛着や親近感を感じますか)
ア.非常に感じる イ.どちらかといえば感じる ウ.どちらかといえば感じない エ.全く感じない

<沖縄の歌、踊りなどの芸能> ア(54.5%) イ(39.3%) ウ(5.4%) エ(0.8%)
<沖縄の言葉> ア(30.3%) イ(53.7%) ウ(13.4%) エ(2.7%)
<鹿児島の歌、踊りなどの芸能> ア(4.7%) イ(30.6%) ウ(48.7%) エ(16.1%)
<鹿児島の言葉> ア(6.1%) イ(25.0%) ウ(42.7%) エ(26.3%)

3.文学にみる<無国籍> ※松下博文(筑紫女学園大学教授)、南方新社『新薩摩学~薩摩・奄美・琉球~』

(1)安岡伸好(喜界島出身)、一色次郎(沖永良部島出身)、干刈あがた(沖永良部二世)
①安岡伸好「地の骨」(芥川賞候補、58年) → 「対薩摩」への怨念の姿勢を崩さない。
②一色次郎「青幻記」(太宰治賞、67年) → 「奄美(沖永良部島)」と「薩摩」と「琉球」で宙吊り。
③干刈あがた「入江の宴」(芥川賞候補、84年) → 父母の地(沖永良部)、<琉球>へ繋がろうとする。

(2)安達征一郎「怨の儀式」(直木賞候補、奄美大島出身、73年)、「日出づる海日沈む海」(同、78年)
 『祭りの海』(87年)は、北緯29度線と30度線で切り取られた敗戦後のトカラ列島が舞台。

米軍統治下にあっても国境や国家原理をまったく無視した糸満漁夫の「回遊魚」的な行動力。「薩摩」とか、「琉球」とかを完全に無化してしまう、壮大なスケールの中に作品は進行する。糸満漁夫は漂白民であり、サバニと櫂さえあれば、どこにでも漕ぎ出してゆく、いわば無国籍者である。(松下博文)
スポンサーサイト



<< <無国籍>地帯、奄美諸島 2 | ホーム | ゆいまーるの集い 西表島 12 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


「<無国籍>地帯、奄美諸島」

 「NPO法人ゆいまーる琉球の自治」の「“無国籍”地帯、奄美諸島」の記事で知って


 BLOG TOP