FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

牡丹社事件と生来庵事件

日本時代に作られた台南神社の跡地に建設された小学校には、社務所が再建され、武徳殿が残されていました。近くには日本の植民地支配と関係の深い愛国婦人会館が再建されていました。その後、孔子廟を歩きましたが、日本的な建物と非常に対照的でした。

夜は台南で最大規模の夜市に行き、屋台で食事をしました。様々な出店があり、色んな種類の手作り感のあるゲームが印象的でした。市場全体に大変な活気が満ち満ちており、市場経済の原点を見たような気がしました。私も台湾に少なく持参して、足りなくなったパンツを値切って買うことができました。

牡丹社事件で犠牲になった琉球人の遺体は地元の中国人によって葬られ墓が作られました。その墓の前に、日本軍が台湾侵略を正当化し、「大日本」という文字を刻んだ石碑を作りました。これまでこの石碑の写真しか見なかったのですが、実際に現場に行くと石碑と墓の前後の位置が明確です。この事件が琉球併合のために利用されたことをこの目で確かめました。

昨日は、噍吧哖事件紀年園区に行き、西来庵事件とも呼ばれる抗日運動と日本の弾圧策の凄まじさについて学びました。歴史認識における再皇民化の跡を辿るとともに、近くの礼拝所で祀られている抗日運動の余氏のマブイに手を合わせました。日本政府はこの虐殺、弾圧策について未だに公式に謝罪していません。
スポンサーサイト

<< 台湾から琉球へ | ホーム | 台湾の再皇民化 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP