FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球での調査活動で過去、今、これからの琉球を考える

昨日は、沖縄県、那覇市の行政部署に行き資料収集をして、不動産の當銘さん、新報の米倉さんにお会いして意見交換しました。非常に貴重なお話を伺いました。また夜はウンケーでご先祖の霊を家の中に迎えました。ウートートー。

昨日は、那覇市立図書館に行き、台湾と琉球との関係について調査しました。その後、公務員の方、大学の教員と、琉球の安全保障、アメリカ大統領選挙が琉球に与える影響、「捨て石作戦」の現代版、フィリピン研究等について意見交換しました。自分と異なる意見もありましたが、大変、参考になり、勉強になりました。

琉球は旧盆中で、親戚の話しを両親から来ています。戦前ですが、母方の叔父は大変勉強ができて進学したかったのですが、家が貧しいこともあり、家業を継ぐことになったそうです。それでも勉強への情熱を諦められず、台湾に出て、本屋で働きながら進学のための勉強をしたそうです。しかし無理がたたって若くして亡くなったと今日初めて聞きました。叔父の分まで研究に精進しようと思いました。

昨日は、沖縄県立公文書館に行き調査をしました。マイクロフィルム、CD版資料、要内部許可資料等、貴重な原資料に目を通し、また実際に手袋をはめて手で触れることもできました。係の方も大変親切で、色々と教えて下さいました。琉球の地図、絵図に関する特別展も良かったです。大田さんが知事の頃に設立された公文書館ですが、琉球の過去、今、将来を考えるにあたった大変重要な場所です。

昨日は沖縄県立図書館郷土資料室に行きました。高校時代から通っている図書館ですが、問題意識が変化し深まると、同じ資料でも新たな発見があり、また新たな資料を見つけることもできます。昨日は収穫が多い日でした。「沖縄学の父」と呼ばれ、同図書館の旧館長である伊波普猷のマブイに感謝したいです。高校生の時、自分は何者であり、どの方向に進み、世界はどうなっているのかを、この図書館で格闘したことが良い思い出になっています。
スポンサーサイト

<< 台湾の神社・保存再建運動 | ホーム | 台湾から琉球へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP