FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

台湾の神社・保存再建運動


台湾原住民の靖国神社合祀の反対運動をされてきた立法院委員の高金素梅さんの事務所幹部の方と意見交換しました。蔡総統は台湾原住民に謝罪しましたが、日本政府も台湾原住民に対する植民地支配に対して謝罪すべきです。


他の神社でも見ましたが、日本の紀元年号が消されていました。台湾の人々の日本による植民地支配に対する抵抗の形でしょうか。

苗栗縣にある神社跡に行くと、鳥居、灯籠、社殿が保存されていました。社務所には覆いの構築物が置かれ、再建される予定です。神社の説明板を読むと、日本の植民地支配を肯定的に認める記述がされていました。

公園の丘を上っていくと頂上に日本の神社の跡がありました。灯籠、石階段はその当時のままでした。社殿はなく土台しかありませんでした。台湾では現在、日本時代の遺物を保存する政策が各地で実施されているようです。

客家をリーダーとした抗日運動を記念した石碑がある建物に行きました。新竹にある公園の麓に建っています。

スポンサーサイト

<< 台湾の「靖国神社」 | ホーム | 琉球での調査活動で過去、今、これからの琉球を考える >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP