FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今回の台湾調査旅行では多くのことを学びました

天宮院の前での記念写真です。台湾島の北から南まで車で移動しましたが、右側の先生が安全運転をして下さいました。感謝申し上げます。

台湾には客家の人々も住んでおり、客家料理を昼ご飯で食べました。美味しかったです。客家のご主人からも話しを聞きました。

住宅街には養豚用のバケツが置かれてあり、リサイクルが進んでいること、琉球と同じ豚文化であることに気付きました。

台湾に着いた日に中華琉球研究学会の皆さんと夕食をとりながら意見交換しました。若手の3人のメンバーは他の会合があり、退席されました。琉球以来の再会を喜び合いました。

今回の台湾調査旅行では多くのことを学びました。琉球の新聞でも報告させてもらう予定ですが、さらに関連資料や書籍等の分析を踏まえて研究を深めていきたいです。

中華琉球研究学会の若い女性メンバーです。今回の調査旅行では大変お世話になりました。しっかりとした自分の考えを持ち、それを正々堂々と主張しており、大変励まされました。

スポンサーサイト

<< 東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会の設立宣言 | ホーム | 桃園国際空港の電光掲示板には今でも「琉球」の文字があります >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP