FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

<無国籍>地帯、奄美諸島 3

Ⅱ 国民国家への包摂
1.<日本人>という自己認識

(1)米国海軍軍政府 → 「北部琉球調査隊」を派遣(45年11月) 
・調査隊は覚書で「調査隊全員の一致した結論」として、軍政府の設置に反対を表明。

・大島郡の住民は、あらゆる点で自らを日本人とみなしている。沖縄においてみられるような「沖縄人」対「日本人」という感情は全くない(覚書)。

(2)国場幸太郎(非合法沖縄共産党創設メンバー)からみた奄美共産党(47年4月創設)

・奄美共産党の行き方の根底には、敗戦直後の早くから、「祖国」日本との再結合を希求していた奄美 民衆のナショナリズム(民族主義)がある。

・敗戦後の沖縄民衆には、「日本国民としての民族主義」が崩壊していた。

(3)94年下半期の南日本新聞コラム「南点」(前利潔) → 「奄美人」という言葉に教師から抗議される

・「奄美人・沖縄人」「朝鮮人・半島人」「島人」等が差別用語であった歴史的事実(現教師、M/当時)。

・抗議した元教師、現教師にとって<日本人>になることが、差別からの解放であった。

2.国民国家への包摂過程
(1)地租改正、徴兵制度、参政権

①地租改正
・地租改正条例(73年7月) → 地租改正事業事務局設置(75年) → 改正作業終了(80年)

・<奄美>地租改正再着手(79年4月頃) → 終了(81年7月) ※西南戦争の影響(県、79年1月)

・<沖縄>土地整理事業実施(99年) → 終了(1903年) ※琉球処分(79年3月)→旧慣温存政策

②徴兵制度 → 徴兵令発布(73年1月)

・<奄美>徴兵検査、始まる(79年)  ・<沖縄>徴兵制の施行(98年)

③参政権
・明治憲法と衆議院議員選挙法公布(89年2月)、第一回衆議院議員選挙(90年7月)
・<奄美>第一回衆議院議員選挙、第七区(大島郡)から基俊良(奄美大島)当選。

・<沖縄>衆議院議員選挙法施行(1912年) ※納税制度が未確立(土地整理事業終了、1903年)

(2)学校教育  ※「学制」制定(72年)、教育令(79年)、小学校令(86年)
①沖縄県 人口31万人(79年)
・琉球処分(79年3月) → 会話伝習所設置(80年2月) → 師範学校として教員養成開始(80年6月)

・小学校18校開設(80年) → 53校(82年) ・教員数108人(85年) 

・生徒数 1,006人(81年)、1,854人(84年)、8,817人(89年)、16,775人(95年)、62,246人(07年)

・就学率 3%前後(80年代前半)、12.1%(89年)、24.2%(95年)、52.8%(00年)、92.8%(07年)

・当時の沖縄社会では、学校は「大和屋」と通称され、「大和学問」をさせると子供は家を捨て、大和に 出て行くという噂がたっていた。(小熊英二著『<日本人>の境界』)

・あらかじめ「日本人」である者たちに忠誠心を育成してゆくのではなく、「日本人」という自覚のない者 を「日本人」に改造してゆく作業であった。(同)

②奄美諸島 人口12万人(77年)
・76年には、鹿児島県下に「正則小学校」が普及 鹿児島県師範学校開設(同年3月)

・奄美諸島では77年から83年にかけて、小学校が開設された → 「大島郡」118校(83年)

・教員養成伝習所(名瀬、79~81年)→約200名、同(瀬戸内、80~86年)→約150名 計約350名

・沖永良部島→小学校17校、生徒数933人(77年)、半年間の教員養成講習会(80年)→受講生78名
・泉二新熊(奄美大島出身、1876年生れ、大審院長) ※近代 → 本人の努力で地位の獲得が可能

・法学関係への進学が多く、島の振興に寄与する農・水・林産業等の職業や学校を軽視する傾向。

・「父兄が向学心に厚きは殆んど驚くの外なく、負債を起こして迄も子弟を遊学せしめ」(鹿児島新聞、明治38年)

・「何になりたいか?」(問い)→「日本人になりたい」(生徒) ※大正の初期、奄美大島のある小学校
スポンサーサイト



<< 早稲田大学大隈講堂で演劇「人類館」の上演 | ホーム | <無国籍>地帯、奄美諸島 2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP