FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

早稲田大学大隈講堂で演劇「人類館」の上演

勝方=稲福恵子先生より、演劇「人類館」上演のお知らせを頂戴しましたのでお知らせ致します。

私は那覇高校在学中に、「人類館」を見た記憶があります。非常に衝撃を受け、「ヤマトとは何か」を考えた記憶があります。その後、人類館があった場所である、大阪の天王寺動物園周辺を歩き、人類館の現代における意味を考えました。現在も琉球人は檻の中に入れられ、見世物にされているのではないか。

以下は勝方=稲福先生からメールの内容です。入場無料です。お近くの方は是非、見に行ってください。



ご無沙汰しておりますが、お元気でいらっしゃいますか?

1年前から暖めておりました企画をお届けします。
『人類館』(劇団「創造」幸喜良秀演出)の30年ぶりの東京公演です。

日時:12月16日(火)開場17:30 開演:18:30~20:30
場所:早稲田大学「大隈講堂」
入場無料

東京国立近代美術館の「沖縄・プリズム 1872-2008」展(12月21日まで好評開催中)のフィナーレを飾る共同企画で、30年ぶりの、一幕一夜限りの記念すべき公演です。チラシを添付します。

★入場無料のため殺到することが予想されますので、もしご観覧される場合は、「御招待席」をご用意します。ご返信下さいますか?

大隈講堂をいっぱいにしたいと思いますので、回りの方々にもお知らせしていただけると嬉しいです。どうぞ宜しくお願いいたします。

詳しくは、琉球・沖縄研究所のHP http://www.waseda.jp/prj-iros-waseda/ と 東京国立近代美術館の「沖縄・プリズム 1872-2008」展HP http://www.momat.go.jp/Honkan/Okinawa_Prismed/index.html )をご覧下さい。

勝方=稲福 恵子
PS:下記に案内文を載せておきます。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

秋の東京を「おきなわ色」に染めあげる一連の企画は、東京国立近代美術館での大規模な沖縄展(「沖縄・プリズム1872-2008」)で大団円をむかえ、いよいよ「人類館」上演でフィナーレとなる。

「人類館」というのは、一九〇三年の第五回内国勧業博覧会(大阪)に併設された見世物小屋「学術人類館」のこと。

十九世紀以降、近代化の到達点を誇示する西欧が、盛んに万国博覧会を開催したが、日本でもそれにならって、内国勧業博覧会が次々と開催された。

とりわけ、パリ博覧会で植民地人が陳列されたパビリオンをそっくり真似して設営された「学術人類館」では、「アイヌ」「台湾の生蕃」「印度人」「ジャワ人」「バルガリー(インドの部族)」そして「琉球女性(上原ウシ、仲村渠カメ)」が、民族衣装を着せられて陳列された。

当時の琉球新報が、「台湾の生蕃や北海道のアイヌと同列に下等動物同様に見世物として陳列」と抗議の声をあげたことによって、まもなく琉球人の陳列はなくなった。

しかし差別された側が「下位(と考える)の人々」を差別することによって差別構造からひとりだけ抜けようと足掻いたこの出来事は、西欧近代化をいそぐ日本と、その日本への同化政策に踊らされる「沖縄」の悲喜劇として語り継がれ、現代に通低する問題としてさまざまな文脈で解釈されている。

このいわゆる「人類館事件」を題材に知念正真が書き上げ、七六年に発表したのが戯曲「人類館」。人間が人間を展示するという「人類館」を舞台に、近現代の沖縄が経験した苦難の歴史を「喜劇」として描き出したこの戯曲は高い評価を受け、七八年、演劇集団「創造」による東京初演は、第二十二回岸田戯曲賞を受賞した。

今回、再び幸喜良秀による演出で、三〇年ぶりとなる東京公演が、一夜一幕限りで実現する。
たくさんの寄付やボランティアに支えられての公演である。東京県人会のある方は、「人類館」上演を実現するためなら、と年金生活のたくわえの中から多額の寄付を下さった。

「沖縄は、これまでさまざまに語られてきたが、なかなか居心地のいい物語に出会うことはなかった」と。この公演が、沖縄を新しい物語に語りなおすきっかけとなるように、たくさんの方に観ていただき、新たな語り手になっていただきたい。

好評開催中の東京国立近代美術館「沖縄・プリズム1872-2008」は十二月二十一日まで。

劇団創造「人類館」公演は十二月十六日(火)一八時 早稲田大学大隈講堂にて。定員八百名。入場無料。お問い合わせは、

東京国立近代美術館03-3214-2561 http://www.momat.go.jp      
早稲田大学文化企画課03-5272-4783 http://www.waseda.jp/cac/index.htm 


スポンサーサイト



<< <無国籍>地帯、奄美諸島 4 | ホーム | <無国籍>地帯、奄美諸島 3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP