FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「生きた経済学」

沖縄国際平和研究所に向かって歩いていたら、東恩納寛惇の生家跡の説明板を見つけました。大学院生時代、その全集を大学の図書館で読みました。中でも『黎明期の海外交通史』は感動しました。私が生まれた年に東恩納先生はニライカナイに行かれました。

琉球では、ウチナーグチを話す自動販売機が増えています。それだけ言語復興運動が様々な分野で進められていることが分かります。

現実社会の中で、「生きた経済学」を学ぶことができました。学生さんから沖縄観光についての感想や意見も聞いて下さいました。台風、雨、冬期における沖縄観光の充実化が課題であり、対応策も検討されているようです。比嘉さんに心より感謝申し上げます。

沖縄県庁において、まず松島泰勝ゼミの2人の学生さんが沖縄観光についてレジュメを使って、質問や意見を交えて報告しました。それを受けて、観光政策課の比嘉さんが資料を用いて詳しく、分かりやすく話して下さいました。他の学生さんとも意見交換し、観光経済について深く学ぶことができました。

男性の場合はハイサイですが、女性の場合がハイタイがウチナーグチの挨拶になります。この絵のシーサーは雄なのかな。

<< 瀬長島の変貌 | ホーム | 。「松島泰勝さん 琉球人 島の未来思う、唱える独立論 軍事力持たず平和拠点に」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP