FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

瀬長島の変貌

新たな観光開発が進んでいる瀬長島に行きました。私が高校生の頃、歩いてこの島に来ましたが、その頃は無人島でした。その頃以来の訪問です。雨の中を週直を兼ねながら観光業の実態を調査しました。これも学生さんが自主的に考えたアイデアです。

松島泰勝ゼミの旅行中は、台風の影響で激しい雨が降る時が多く、学生さんが事前に作成した調査、活動計画の変更が余儀なくされました。ゼミ長、副ゼミ長を中心に、皆の意見を聞きながら、柔軟に計画を変更し、遂行しました。これも学びだと思います。

古宇利大橋も若い観光客にとって人気の場所になっていました。そこから見える海や空、島々の形が魅力的であると感じられています。琉球の加工されたものではなく、自然そのものが大きな観光資源になっています。

私、松島泰勝は今回生まれて初めて美ら海水族館に行きました。私は1975年の海洋博覧会の時にもここに来ましたが、それから約40年。琉球観光が大きく変貌したことを学びました。学生さんの御陰です。

こんな間近にマンタ、ハンマーヘッドシャーク、ジンベイザメを見ることは通常はあり得ないのですが、それがこの水族館ではできるのです。

なぜ美ら海水族館が、琉球の観光スポットで最も多くの観光客が来場するのかが分かりました。水槽の中にはダイバーがおり、ショーをし、それもモニターで映し出されていました。様々なエンターテイメントの要素が工夫されています。
スポンサーサイト

<< 「石垣島出身の松島泰勝教授(龍谷大学)は、その(琉球独立)手続きを研究し、可能だと述べている」 | ホーム | 「生きた経済学」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP