FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

<無国籍>地帯、奄美諸島 4

(3)背景としての近世
①進貢貿易を通して「中国化」を進めた沖縄

・進貢貿易の中心的な担い手 → 華人の末裔である「久米村人」 ※王府の進貢貿易振興策
・国王や世子への進講 : 近世初期(薩摩から渡琉した僧や儒者) → 後期(久米村人)

・官生制度 → 中国の最高学府である国子監への国費留学生 ※自決した林世功(亡命琉球人)
・琉球館があった福州への自費留学 → 王府の許可が必要(王府の官僚予備軍)

②薩摩支配を通して「ヤマト化」を進めた奄美諸島
・近世初期(琉球時代の統治体制を温存) → 「置目之条々」(1623年) → 琉球との関係を切断
・沖縄系出自の島役人から薩摩系島役人へ権力移動 ※藩役人と島の女性との間にできた子孫

・遠島人(政治犯) → 生計のためにも、島役人層の子弟たちに学問を教えた ※名越左源太
・大島 → 藩政期間に来島した藩役人(約千人)、遠島人(1852年、346人/人口は約4万人)

・優秀な子弟は鹿児島留学 ※「富民の子弟等は12歳より鹿児島に至り学ぶ」(1873年、大蔵省報告)

③沖永良部島における権力移動 ※高橋孝代著『境界性の人類学』、『和泊町誌』歴史編
・琉球時代の統治体制の維持 → 沖永良部島代官所設置(1690年) → 島内権力構造の変化(与人)

・与人: 1690年から1790年(沖縄系7人、薩摩系9人) → 以降、幕末まで(沖縄系2人、薩摩系11人)

・藩政時代の藩役人544人(代官93人) ※大久保利通の父も附役として二度、来島(島に子孫を残す)

・遠島人: 幕末までの一世紀(1772~1869年)に929人 → 代表格が西郷隆盛(1862年)
・初代(73年)の戸長である土持正照 → 幼い頃、鹿児島の父親のもと(土持家)で郷中教育を受ける

④近世における<無国籍>
・冊封使の来琉 → 奄美諸島からも「貢物」を上納(1866年まで) ※進貢貿易には関与せず

・奄美諸島独特の一字姓 → 東アジアの冊封体制下における対外的カムフラージュ(弓削政己)
・沖永良部島民が朝鮮に漂着(1790年) → 「琉球国中山王」の支配下の者、<琉球人>と主張

・沖永良部島民が薩摩の船で寧波に漂着(1773年) → 月代をさせられ、<薩摩人>として対応

3.琉球処分と奄美諸島
 広義の琉球処分は一般的には、1872年9月の琉球藩設置に始まり、79年3月の沖縄県設置を経て、80年の日清間における分島改約案の妥結・破棄、という過程を指している。

(1)琉球処分と鹿児島
①鹿児島藩から明治政府へ提出「琉球管轄之沿革調書」(71年7月) ※廃藩置県の2日前の日付
・政府は廃藩置県によって、ひとまず琉球を鹿児島県の管轄下においた。

・岩倉使節団の欧米への出発(71年11月) → 重要調査事項の一つに「琉球」問題

②鹿児島県の対応(<琉球>に対する既得権益の維持)
・71年8月、大久保と西郷は協議の上、「善後ノ処置ヲ講セシムル」ために、西郷従道らを帰藩させる。

・71年12月、西郷、士族救済のために砂糖独占販売の商社設立に同意(桂久武への手紙)
・72年正月、鹿児島県から琉球藩へ「伝事」→「幸鹿児島之管轄ニ属シ、其段ハ御安心之事ニ候」

・72年前半、大蔵省への伺「旧鹿児島藩ノ義ハ琉球属島ノ余産ヲ以テ会計ノ元根トセシ場所柄」

③明治政府の対応(琉球と鹿児島県の関係を切断)
・72年9月、琉球王国を「琉球藩」とする(明治政府の直轄) → 琉球王府の外交権は外務省の管轄。

・同9月、伊地知貞馨(鹿児島県の「伝事」)、外務省官員として琉球藩勤務を命じられる。
・同年11月、琉球の租税納入先、鹿児島県から大蔵省租税寮へ変更される。

・73年3月、琉球藩に外務省出張所開設、鹿児島の琉球在藩奉行も外務省出張所勤務→在藩奉行消滅

(2)「大島県」設置構想 ※弓削政己「明治維新と諸制度」(『瀬戸内町誌』歴史編、2007年)
①大蔵省と鹿児島県の対立

・租税の納入方法 → 大蔵省は砂糖現物納、鹿児島県は金納
・士族の救済方法の一方法としての「大島商社」設置問題

②大蔵省の方針
・「当年限り従前之通取計」(72年5月) → 当年に限り、旧藩時代の独占販売体制を認めた
・砂糖の自由売買を布達(73年3月) → 独占販売体制(大島商社)方式の否定

・鹿児島県は、大島商社方式を継続         ※大蔵省による奄美諸島調査(73年から9ヶ月間)

③大蔵卿大隈重信から太政大臣三条実美へ稟申「大蔵省大島県ヲ設置セント請フ」(74年9月)
・旧藩時代に民力が「傷害」 → 大蔵省管轄下で砂糖増産、輸入砂糖減少 → 「莫大之国益ヲ増加」

・内務卿大久保の「裁可」が「否」であったと考えられ、「大島県」設置は実現しなかった。
・大島に大支庁、他の四島に支庁を置く(75年6月) ← それまで旧藩時代の統治体制のままであった。

④砂糖自由売買運動(勝手世騒動) ※「大島商社」の解体を目的とした運動
・丸田南里、密航先の英国、上海から帰島(75年初頭) → 組織(主体)的な砂糖自由売買運動を展開

・征韓論争に敗れた西郷、帰県(73年10月) → 「私学校」創立、県下に強い影響力を行使
・丸田南里ら3名、県庁に嘆願(76年4月) → 「棒打の刑に処」せられる → 大島へ、調査団派遣

・55名の陳情団、上鹿(77年2月)→西南戦争(同月)→従軍(35名)→生存者の大半、帰島中に難破

・西南戦争終結後、79年分から砂糖自由売買が認められた(78年7月)。 ※琉球処分(79年3月)

(3)琉球王府、清国政府にとっての奄美諸島
①奄美諸島の返還要求(琉球王府)
・琉球藩設置の際(72年9月)、王府側は「道之島(奄美諸島)」の返還を政府に要求。

・薩摩によって「押領」された「大島・徳之島・喜界島・与論島・永良部島は固より我琉球の隷属」である。

・副島外務卿は、「宜しく琉球の為めに処置すべし」と空約束。
・琉球側には王国自身が存亡の危機という意識はなく、単に薩摩から解放されたという認識であった。

②琉球三分割案(清国政府)
・琉球処分(79年3月)は、日清間の外交問題に発展 → 前米国大統領グラントによる調停(79年8月)

・琉球二分割案(沖縄諸島以北は日本帰属、先島諸島は清国帰属)で妥結(80年10月) → 破棄
 ※妥結に抗議して、林世功(亡命琉球人、最後の官生)、清国で自決(80年11月)

・李鴻章が予備交渉の場で、日本政府側に琉球三分割案を提案し、拒否されていた(80年4月)。
 ※「北島(奄美諸島)」は日本帰属、「中島(沖縄諸島)」には王国復活、「南島(先島諸島)」は清国帰属

 ※琉球三分割案は復帰運動の嘆願書で、奄美諸島の「日本帰属」を正当化する論拠として使われる。
スポンサーサイト



<< <無国籍>地帯、奄美諸島 5 | ホーム | 早稲田大学大隈講堂で演劇「人類館」の上演 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP