FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球の新聞社の社会的役割の大きさ

12月17日「松島泰勝講演会、琉球の自己決定権と平和」が大阪で開催されます。是非ご来場下さい。


今年11月27日の東大駒場祭において、東大の学術文化団体が主催する「9条だけじゃない改憲・護憲」と題するシンポにパネラーとして参加する予定です。護憲派、改憲派の学者そして会場の参加者とともに、琉球独立、日本と琉球との関係、日本国のあり方、あるべき憲法像等について真摯な議論をしますので、ご関心がある方はどうぞご来場下さい。

今日の『琉球新報』朝刊文化欄に、松島泰勝著の「台湾「再皇民化」の現場を歩く(上)」が掲載されていますので、どうぞ御読み下さい。本日の掲載を教えて下さった乗松様、御礼申し上げます。


毎日新聞元記者で、現在、聖心女子大学教授をされている大野さんのゼミ生、遠藤さんが松島泰勝研究室に来られ、琉球の2つの新聞社に関してインタビューを受けました。日本のメディアの危機的状況に比して、琉球の新聞社の社会的役割の大きさ、メディアとしての健全性を改めて確認しました。

琉球の読者が2紙を支えており、その報道内容も琉球の現実を踏まえたものであり、「偏っている」のではありません。遠藤さんからは2紙に関する研究を丹念に進めようという意欲を感じました。来月、琉球現地での調査でも実り多い成果が得られるようお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

<< 「台湾「再皇民化」の現場を歩く」 | ホーム | 那覇市議の屋良さんとNHK大阪の大石さんが龍谷大学の松島泰勝研究室に来て下さいました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP