FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」主催 第3回公開シンポジウム(名護開催) 「高江・辺野古の今を問う ~現地では何が起きているのか」

次のようなシンポが11月に開催されます。是非お越し下さい。
「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」主催
第3回公開シンポジウム(名護開催)
「高江・辺野古の今を問う
~現地では何が起きているのか」

「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」の発足を兼ねて下記のような形で公開シンポジウムを
開催します。共通テーマは、「高江・辺野古の今を問う~現地では何が起きているのか」です。
多くの皆様方のご参加をお待ちしています。


期 日:2016 年11月5日(土)14:00~17:30(開場13:30)
会 場:名桜大学の110教室(階段教室)
参加費(資料代として):300円(非会員のみ) ※事前申し込みは不要です。
<プログラム>

(共同代表からの開会の挨拶)14:00~14:10 司会者:木村 朗(鹿児島大学)
Ⅰ 基調報告など(14:10~15:40)
【基調報告】伊波洋一(参議院議員)
安倍政権と沖縄基地問題~改憲策動との連動

【現地からの個別報告】
(1) 稲嶺 進(名護市長)
未来に遺すべきもの──沖縄の誇りと真の民主主義をかけて

(2) 山城博治(沖縄平和運動センター議長)←当日まで未確定
高江ではいま何がおきているのか~辺野古新基地建設反対運動との連動

10分間の休憩(15:40~15:50)
Ⅱ 討論者によるコメント(15:50~16:30)
小波津義嵩(学生)「米軍基地について考えはじめて 3 年目の今思うこと」
大矢英代(琉球朝日放送)「高江・辺野古を報道はどう伝えたか」(仮題)←報告予定
Ⅲ 会場参加者を交えての質疑討論(16:30~17::20)
Ⅳ 閉会の挨拶(17:20~17::30)

【現地問い合わせ先】
与那覇恵子(名桜大学)0980-51-1236(直通)k.yonaha@meio-u.ac.jp
または木村朗(鹿児島大学)090-2856-0955、kimura@leh.kagoshima-u.ac.jp
【研究会事務局】
east.asian.community.okinawa@gmail.com 琉球大学・池上大祐研究室直通098-895‐8296
スポンサーサイト

<< 「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」主催 第4回公開シンポジウム(東京開催) 「中国・北朝鮮脅威論の内実を問う!」 | ホーム | 松島泰勝ゼミ学生の成長 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP