FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

<無国籍>地帯、奄美諸島 5

4.近代における<無国籍>
(1)一字姓と<国籍>

・本土への進学、入営(徴兵)の場で、奄美諸島独特の一字姓ゆえに、<日本国籍>が疑われた。
・関東大震災のときに朝鮮人や中国人にまちがわれたことから、<日本>的な二字姓に改姓が進む。

・米国占領下では日本国籍法が適用されず、改姓の手続きも簡単であったことから、さらに改姓が進む。

(2)カトリックの招へい ※現在、奄美大島におけるカトリック信者は、人口の約5%だといわれている。
・フェリエ神父、布教開始(1891年) → 信者4,057人(1923年)、人口53,495人(25年)の7.6%。

・「岡程良が、島の新しい精神的支柱を日本本土の伝統的なものに求めず、西洋の宗教に期待の手を 伸ばしたことは、彼が若いころ儒学をきわめた人であるだけに、島の人間としてのヤマトにたいする深い 絶望感を示している」「薩摩藩いらいのあくどい収奪と搾取の、まだ生々しい記憶が、本土のすべてのものにたいする不信と反感をつちかった、という背景もある」(小坂井澄著『「悲しみのマリア』の島)

・「佐賀に左遷させられる前、程良は、島の振興にはまず、万民は平等であるという西洋思想が必要と考え、島の有志らとともに鹿児島県本土のキリスト教各派に奄美での布教を要請する」「程良は、宗教としてではなく思想としてキリスト教に期待を寄せていたのだろう」(宮下正昭著『聖堂の日の丸』)

・4年生のミッション系スクール大島高等女学校開校(24年4月) 

・古仁屋に陸軍要塞司令部開設(23年) → 天皇の来島(27年) → カトリック排撃運動(「非国民」)

・「民謡の如きもあまりに退廃的亡国的な声調に流れるようなものは貰いたい」(昭和天皇に拝謁した東京在住の喜界島出身実業家)

(3)アナーキストによる大杉栄追悼記念碑の建立(24年) ← 要塞司令部のある大島南部の海岸
・奄美は保守的な鹿児島県のなかにあって、社会主義、共産主義思想の活動が比較的活発な所だった。

 藩政時代の薩摩藩による搾取、明治維新後も続いた差別的な処遇、そして貧困、離島という地勢的な問題 も影響したのだろう。特にアナーキストと称されたグループは、主に奄美大島第二の町、古仁屋にいた。

 前述したように大正12(1923年)6月の第一次共産主義者一斉検挙の時、鹿児島県内で唯一当局のリストに載っていたのは、古仁屋の武田信良。大杉栄虐殺事件の一周忌に古仁屋近くの蘇刈海岸に記念碑を立て問題を起こしたのも武田らのグループだった。(宮下)

・古仁屋のアナーキストは敗戦後の「無政府」状態下 → 旧日本軍人に対する人民裁判

Ⅳ ヤポネシア論の受容の仕方
1.沖縄と奄美におけるヤポネシア論の受容の仕方の違い
 沖縄側はヤポネシア論を、日本という国家に包摂されることを拒否する思想として受容したのに対し、奄美側はヤポネシアと視野を広げることによってはじめて、「奄美」を日本という国家に正当に包摂することができる思想として受容した。

2.足場としての奄美諸島~<奄美>から<琉球>へ~
※「琉球弧の島々が、日本の歴史に重要な刺激を運びこむ道筋であった」(島尾敏雄「奄美―日本の南島」)

(1)カトリック ※安齋伸著『南島におけるキリスト教の受容』(第一書房、1984年)
・47年9月、カプチン会(ミシガン州)の神父2人が、廃墟の那覇に上陸 → 確認できた信徒は母子2人

・10日後、カトリックの地盤がある奄美大島(名瀬)へ → 信徒、軍政府、群島政府らが出迎え(200名)

・沖縄宣教の準備(奄美大島) → 再開(49年) → 多くの奄美大島出身の青年信徒が沖縄各地へ
・沖縄全土を管轄する那覇教区の要職、女子修道会には奄美大島出身者が多かった。

(2)非合法共産党 ※森宣雄「越境の前衛、林義巳と『復帰運動の歴史』」、国場幸太郎「『沖縄非合法共産党文書』研究案内ノート」

・奄美共産党(47年結成)の林義巳(笠利村出身)、琉球人民党の中央常任委員として渡琉(52年3月)。

・林には沖縄に非合法共産党を建設する任務が与えられていた。 ※瀬長亀次郎は反対

・林ら奄美グループが中心となって、戦後沖縄初の大規模労働争議、日本道路社ストを決行(52年6月)。
・ストの成功によって、国場幸太郎と瀬長亀次郎が会談、非合法沖縄共産党の創設に合意。

・「奄美共産党は、結成の当初から、(中略)多分に日本共産党から影響を受けていた」(国場)
・沖縄人民党は「日本共産党から影響を受ける関係にはなく、(中略)独自の道を歩いていた」(国場)

(3)太宰府の出先機関(喜界島の城久遺跡群) ※千年前の奄美諸島
・城久遺跡の発掘調査から、同島に太宰府の「出先機関」があった可能性が出てきた。

・ヤコウガイの大量出土遺跡(奄美大島)、琉球弧全域を交易圏としたカムィヤキ古窯跡群(徳之島)。

・日本の古代、中世国家の強い影響下にあった奄美諸島北部 → 琉球弧のグスク社会形成へ刺激

おわりに~「周縁」から「境界」へ~
(1)高梨修著『ヤコウガイの考古学』(05年) ※「奄美諸島史のダイナミズム」(高梨)

・琉球弧のこれまでの歴史学研究は、琉球王国論に収斂される潮流が支配的だった。
・奄美諸島は、二重構造の国家境界領域 → 琉球からも大和からも周辺地域として位置づけられてきた。

・琉球王国が奄美諸島を領域化する以前、日本中世国家の領域は奄美諸島まで押しひろげられた。

・「南方物産交易の拠点としての奄美諸島」「喜界島・奄美大島東海岸における政治的勢力の存在」

・国家周辺地域は、静態としてとらえるならば「辺境(マージナル)」という理解になるが、動態としてとらえる ならば「境界(フロンティア)」という理解も生まれてくる。

(2)高橋孝代著『境界性の人類学』(06年) ※「(沖永良部島の)ダイナミックな歴史」(高橋)
・「日本」「鹿児島」「奄美」「沖縄」の周縁に位置づけられてきた沖永良部島 → 中心に据える

・沖永良部島は、「日本/沖縄」「鹿児島/沖縄」「奄美/沖縄」の境界を創り出している。
・「日本/沖縄」の境界 → 「日本(ヤマト)/沖縄(ウチナー)」のエスニシティの境界

・「鹿児島/沖縄」の境界 → 「薩摩/琉球」の権力のせめぎあいによる政治の境界
・「奄美/沖縄」の境界 → 奄美諸島内部の文化の象徴的境界

・沖永良部島民のアイデンティティの複雑性、混淆性 → 「適応戦略」の所産
・沖永良部島民のアイデンティティ研究は、グローバル化に伴い種々の境界が薄れていく今日、世界各地 にある文化的融合点(境界地域)の文化体系の新たな枠組みを提示できるという、普遍性をもつ。
スポンサーサイト



<< ゆいまーるの集い 西表島 13 | ホーム | <無国籍>地帯、奄美諸島 4 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP