FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

東アジア共同体・沖縄琉球研究会第2回シンポジウム

今日から神奈川と東京に行き、東アジア共同体・沖縄琉球研究会や日本平和学会の「平和運動」分科会と「琉球・沖縄・島嶼国及び地域の平和」分科会の合同分科会において報告、議論をする予定です。多くの方との出会いと、議論を楽しみにしています。

ピースボートの野平さんが、国際立憲主義を実現するための具体的な取り組みについて話されました。また安倍政権が国連勧告に従わないことに関する閣議決定をしたこと指摘されました。

鳩山さんが首相在任時代に県外移設を実現できなかったことを御詫びし、現在、一市民として琉球を含む東アジアの平和のために全力を尽くしたいと話されました。

昨日のシンポで最初に木村・共同代表が挨拶されました。木村さんとは最近、色々と意見交換する機会が多くなりました。明日も明星大学での平和学会で共同分科会を開催します。

本研究会の主催校である神奈川大学の阿部さんがご挨拶をされました。懇親会では、ご出身の伊豆大島でかつて憲法が作られたこと、琉球独立の際の国籍をどのように定めるのか等、独立に関する国際法上のヒントを教えて下さいました。

勝方(=稲福)さんが、最後のご挨拶をされました。勝方さんには早稲田大学の琉球沖縄研究センターで大変お世話になりました。現在、パラオのレメンゲサウ大統領の娘さんを大学院で研究指導されているという大変興味いお話を個人的に伺いました。


共同通信の石山さんが、フィリピンのドゥテルテ大統領が独自な外交、内政を展開し、「南シナ海紛争問題」を解決しつつあることを具体的に話されました。琉球独立も日本政府からの承認はいらないと指摘されました。

前田さんが植民地支配そのものが国際法違反の犯罪であるという国際的な動向について話されました。また琉球は「植民地的状況」ではなく、明確に植民地であると指摘しました。


スポンサーサイト

<< 「慰安婦」問題の現在―「朴裕河現象」と知識人 | ホーム | 大阪府機動隊の沖縄での暴言 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP