FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「中国脅威論」の噓

昨日は明星大学で行われた日本平和学会で報告し、議論をしましたが、途中で、多摩センターのモノレール駅の近くでスーパーカーが展示されていました。また学生時代に毎日利用していた小田急線にも久しぶりに乗りました。

清水さんが、高野さんと私の報告についてコメントをして下さいました。日本人にとって琉球独立がどのような意味を持っているのか、琉球を植民地支配している日本、日本人自身が問われていると指摘し、高江での「土人」発言問題を受けて、職務に忠実な公務員によってナチスのホロコースト、南京大虐殺が行われたと話されました。

今回の分科会は平和運動分科会と、琉球・沖縄・島嶼国及び地域の平和分科会の合同で行いました。木村さんは前者の共同代表です。昨日は司会をされ、議論をまとめて下さいました。

高野さんが、「中国脅威論」の噓が毎日, 新聞紙上で提供されている日本のマスコミの問題性を具体的に指摘されました。南シナ海の「危機」を冷静に、多層的に分析し、マスコミに踊らされないようにすべきであると話されました。

スポンサーサイト

<< 国連人権委員会先住民作業部会に先住民族・琉球人として参加した直後の松島泰勝 | ホーム | 「慰安婦」問題の現在―「朴裕河現象」と知識人 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP