FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

松島泰勝著『琉球独立への経済学――内発的発展と自己決定権による独立』の書評

日本平和学会の『平和研究』の最新号で、私の指導教授の西川先生の脱植民地に関する論考、前田さんの松島泰勝著『琉球独立への経済学』書評等が掲載されています。是非お読み下さい。
改めて、植民地主義と闘う。
絶えず忘却や歪曲の波にさらされてきた植民地支配と植民地主義。
それらは、いま、私たちにどのような影響を与え続けているのか。
植民地主義を精確に捉え、脱植民地主義のための平和学の模索を。
目次など
巻頭言
日本における脱植民地化の論理と平和学
  その関係性の整理と問題提起   上村英明/藤岡美恵子
●依頼論文
1 植民政策から平和学へ
  日本平和研究の当面する脱植民地課題   西川潤
2 人権/国際法の系譜学
  脱植民地化の視座   阿部浩己
3 戦後和解と植民地後和解のギャップ
  ドイツ-ナミビア間の遺骨返還を事例に   小田博志
4 日本の外交において継続する「植民地主義」
  対アフリカ外交を中心に   高林敏之
●投稿論文
5 被害女性たちの生からみた「慰安婦」問題
  「女性のためのアジア平和国民基金」を軸に   土野瑞穂
6 「保護する責任」を果たす意思と能力
  シリア人道危機に直面する国際社会   志村真弓
7 辺野古基金とふるさと納税における寄付の意義と問題点   林公則
●書評
敢然たる理論闘争の書   前田朗
(松島泰勝著『琉球独立への経済学――内発的発展と自己決定権による独立』法律文化社、2016年4月)
スポンサーサイト

<< 仲村渠さんとの意見交換 | ホーム | 公共事業が地域自立をもたらさない理由 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP