FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ポスト沖縄振興開発の将来像

今日は公休日ですが、授業があり、今、職場に着きました。朝から風が強く、湖西線がちょっと遅れましたが、授業に間に合いました。冬になると比良颪で時々、電車が遅れます。

次の松島泰勝のゼミでも学生にとって示唆的な話しをして下さいました。先の授業では琉球黒糖、このゼミでも大変おいしいお菓子をお土産に持ってきて下さり、学生さんも大変喜んでいました。

学生さんも一生懸命ノートをとったり、質問をしてくれました。社会人としてこれからの生き方についても話され、2つの興味深い本も紹介して下さいました。

今週月曜日、琉球から島田さんが龍谷大学に来られ、履修者220人の「地域経済論」で講義をして下さいました。非常に具体的で、実践的な琉球経済の最先端を話して下さいました。

共同通信社の石山記者が松島泰勝をインタビューした記事です。石山さんからは継続的に琉球独立についてインタビューを受けてきました。先日もある研究集会でお会いし、ご専門のフィリピンにおける政治状況について大変示唆的なお話を伺いました。

2013年1月1日の『琉球新報』の社説で、石垣金星さんと松島泰勝が起草した「琉球自治共和国連邦独立宣言」が紹介されました。琉球独立の議論は地元紙、雑誌、ラジオ等のローカルメディアを通じて議論されてきたという蓄積があります。

2012年に早稲田大学の琉球・沖縄研究所主催で行われた国際シンポにおいて、「ポスト沖縄振興開発の将来像」という部会で松島泰勝が報告、議論した内容が新聞に掲載されました。同シンポでは勝方=稲福さんをはじめとする多くの先生方にお世話になりました。

島田さんはこの夏、世界一周旅行をされましたが、学生時代の旅行の重要性についても学生に語りました。大学の教員、大手情報通信会社社員、地域おこしアドバイザーという3つの名刺をお持ちの島田さんから学生は多くのことを吸収したと思います。
スポンサーサイト

<< 『複数の旋律を聞くー沖縄・南洋群島を生きたひとびとの声と生』 | ホーム | 松島泰勝の最初の琉球独立に関する学術書『琉球独立への道』 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP