FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『複数の旋律を聞くー沖縄・南洋群島を生きたひとびとの声と生』

先ほど、日本学術振興会等別研究員をされている森さんより『複数の旋律を聞くー沖縄・南洋群島を生きたひとびとの声と生』を頂戴しました。南洋群島と呼ばれたミクロネシアの島々で生きた琉球人の生の声が記録されています。知っている方の証言もあり、研究の上でも大変勉強になりそうです。心よりお礼申し上げます。

2013年に日本政府主催の「主権回復の日」式典に反対するシンポが開催され、松島泰勝もパネラーの一人として報告させて頂きました。これから3年が経ちますが安倍政権の琉球に対する強圧的な姿勢は全く変わりません。

駒場祭シンポの講師と、本シンポ主催団体であるTOSMOSの紹介です。松島泰勝は、琉球にとって憲法(日本国憲法、「琉球国憲法」、他の世界の憲法)とは何であるのかを考え、議論したいです。

今度の日曜日、東京大学駒場キャンパスで次のようなシンポが開催されます。松島泰勝は「琉球独立と日本国憲法」についてお話をさせて頂きます。梓澤さんをはじめとするご参加の皆さんと真摯な議論をしたいです。どうぞお越し下さい。

2014年には韓国から平和研究者、市民運動の方々が琉球を訪問され、沖縄大学でシンポを開催し、皆で辺野古新基地予定地に行き基地建設に反対の意思を示しました。その後、松島泰勝は韓国の韓信大学でのシンポで報告、議論をさせて頂きました。

2014年に松島泰勝はスコットランドにおける独立を問う住民投票の現場に行きました。現在も、2回目の独立投票が準備されており、琉球独立運動の先行事例としてスコットランドからは目が離せません。

スポンサーサイト

<< 「土人、シナ人」発言に対する日本政府の姿勢 | ホーム | ポスト沖縄振興開発の将来像 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP