FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖縄全島Wi-Fi化事業やインターネット通信制高校の試み

経済学部・松島泰勝教授の担当する「地域経済論」「演習Ⅰ」の11月21日(月)の授業において、沖縄から島田勝也氏を招き、特別講義を行いました。

島田氏は、大手情報通信会社の社員であるとともに、沖縄大学で学生を教え、沖縄の各地域における経済活性化の委員会等において政策提言を積極的に行っています。今年9月には、松島ゼミの学生が沖縄でフィールドワークを行った際、沖縄大学の島田ゼミと研究報告会を開催し、交流しました。

特別講義の中で島田氏は、沖縄の観光業や物流経済の発展、IT経済の最先端の動向、米大統領選挙の沖縄への経済的影響、沖縄全島Wi-Fi化事業やインターネット通信制高校の試みについて、学生と直接に意見交換をしながら話しました。学生からも様々な観点から質問や意見が出されて、充実した授業となりました。また、島田氏から学生に対して、沖縄の黒糖やお菓子のお土産があり、学生も沖縄の香りを感じながら授業を受けることができました。
スポンサーサイト

<< アイヌ民族との出会い、学び、励まされたことが現在の私の研究や活動にどのように結びついているのか | ホーム | 「土人、シナ人」発言に対する日本政府の姿勢 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP