FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

シンポ主催者TOSMOSは、私の著書名の「黒塗り」という形で抵抗しました

今、グアム政府脱植民地委員会のエドワードさんとグアム大学のベバクア教授が京都を訪問されています。特別講師として龍谷大学の宿舎に案内しました。宿舎の場所が分かりにくかったのですが、足が不自由な青年が誠実に道を教えて下さり、有り難かったです。

東大のシンポでは、弁護士の梓澤さんとともに憲法改悪が琉球や日本に与える影響について議論しました。国民が知らないうちにナチス型の国家体制が準備されています。また松島泰勝の著作が「特定団体の宣伝」にあたるとして、シンポでの公表を禁じた駒場祭実行委員会に対して強い抗議の意思を示しました。シンポ主催者TOSMOSは、私の著書名の「黒塗り」という形で抵抗しました。

日曜日は東大駒場祭で開催されたシンポに参加しました。シンポの前に東大で『情況』の横山さんのインタビューを受けました。来年3月に発刊される同誌の内容は大変刺激的でおもしろそうです。

スポンサーサイト

<< 東大でのシンポが終了した時、会場から一人の参加者が松島泰勝に近づき「自分は現役自衛官です」と自己紹介しました | ホーム | グアム政府脱植民地化委員会のアルバレス事務局長、グアム大学のベバクア教授が講義をされます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP