FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

竹富島の水牛車営業所問題

12月6日の八重山毎日新聞に竹富島の水牛車営業所問題についての記事がありましたので、お伝えします。この件については、先月のゆいまーるの集いで上勢頭さんが報告されていました。地域の自治の力でこの問題を解決してほしいと思います。




竹富観光センター(小底朝吉代表)の水牛車営業所移転問題の円滑な解決に向け去る6月23日に協定書を結んだ竹富町(川満栄長町長)と竹富公民館(宇根勝末館長)、竹富島の聖域と文教地区を守る住民の会(大山栄一会長)、同観光センターは5日午後、竹富島のまちなみ館で意見交換会を開き、同協定の実行に向け意見を交換した。

同問題は、同水牛車営業所の移転場所が保育所や小中学校に隣接していることなどから同住民の会が反対運動を展開。町や公民館を巻き込んだ問題に発展していた。

 このため、竹富島の良好な地域環境の確保と秩序ある町並み空間を守るため、去る6月23日に4者で協定書を締結。協定書のなかで町が3者と協議の上、水牛車営業所移転敷地の確保に努める代わりに、同センターは現営業所の移転を約束した。

意見交換会では、同営業所の移転先として町が提示していた島の東側の集落外にある残土置き場(町有地)について、同センターの小底代表が「集落の外側は(水牛車観光の)コースが成り立たない」と難色を示し、新たな場所の提示を求めた。

富本傳総務課長は「具体的にここだという場所があるのか」と質問。小底氏は「3年間、当たるだけあたってきたが、ダメだった。1人で探す場所はもうない」と話し、やむなく現在の場所に移転してきたことを強調。

 公民館も「05年度にあちこち回ったがOKを出したのは1カ所だけで、残りはだめだった」過去の経緯を説明した。

 阿佐伊孫良氏は「伝建地区であり、住民は誰もが今の場所は(水牛車営業所として)ふさわしくないと思っている」。

宇根館長が「住民も移転するまでの間として我慢している。これは小底さんも理解していると思う」と話し、出来るだけ早く4者で協議し、新たな移転場所の確保に全力を挙げるべきだとする考えを示した。

 これに川満町長は「この問題は放置してはおけない。関係する課長を連れてきたのはこの問題を早めに解決したいという決意の表れ。回数を重ねながら前進させたい」と、問題の早期解決に決意を示した。

 また、意見交換会の席上、同住民の会の大山会長が川満町長に対し4者が結んだ協定書の順守を要請した。
スポンサーサイト



<< 琉球のホームレス問題 | ホーム | 西浜さんから沖縄通信65号が届きました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP