FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お二人は、まるで兄弟のように、グアムの脱植民地化のために世界をまたにかけて勢力的に活動しています

松島泰勝は今日、琉球に帰国します。明日は、琉球民族独立総合研究学会のオープンシンポにおいて「日本国憲法改悪が琉球独立運動に与える影響」、日曜日は同学会大会において「台湾独立運動と琉球独立運動とはどう違うか」を報告し、議論します。月曜日はラジオ沖縄の「沖縄羅針盤」の収録を行い、島田勝也さんと今年1年の琉球について意見交換します。その後、琉球について現地調査を行います。

関西での6日間は毎日忙しく、沢山歩き、疲れたかと思いますが、大変、充実していたとエドさんは語ってくれました。大切に妻の作品を抱えてくれています。龍谷大学からも大学グッズのクリアファイルを、お土産として職員の方が差し上げました。

龍谷大学経済学部の事務室に掲示されたポスターの写真を見て、マイクさんが、「この写真を撮った写真家と会ったことがある」と話されていました。マイクさんは、大学の教授であるだけでなく、漫画家、写真家、鍛治師でもあります。

お二人は、まるで兄弟のように、グアムの脱植民地化のために世界をまたにかけて勢力的に活動しています。琉球、日本におけるグアム研究者のネットワークを形成して、グアムの脱植民地化を進めたいと話されていました。松島泰勝も本当に励まされ、パワーと知恵を頂戴しています。

琵琶湖偽を歩くエドさんと私の妻と愛犬です。妻が描いた布絵の掛け軸をエドさんに差し上げたところ、Boseのヘッドフォンを頂戴しました。妻もかつて2年間グアムに住んだことがあり、グアムの話しで盛り上がりました。

一昨日、エドさんとマイクさんを松島泰勝の自宅に招待し、焼き肉大会をしました。数年前、龍谷大学の学生さん10人でエドさんのお宅に招かれ食事をしたり、マイクさんのグアム大学の学生さんと意見交換したことがあります。楽しくともに食事をしました。

この授業の後の私のゼミでもお二人に対して学生全員が質問をしてグアムの政治経済について学びました。私はずっと通訳をしていましたが、私もお二人から多くのことを学ばさせて頂きました。マイクさんは6日間の日本滞在中、約千枚の写真を撮ったそうです。

数年前に龍谷大学ボランティア・NPOセンターの海外研修旅行で私が龍大生とともにグアムに行った時、エドさんの事務所に行ってインタビューしたり、マイクさんのグアム大学での授業でチャモロ人の学生と意見交換したことがあります。

スポンサーサイト

<< 高江の現場を踏まえ、琉球差別、独立に関する充実した議論 | ホーム | グアムは琉球と同じ植民地経済 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP